ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

後期までずっと順調だったのに!36週検診から37週出産まで…不安で一杯の日々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私は悪阻も軽く、妊娠後期まで比較的順調なマタニティーライフを過ごしていました。

最初に『あれ?』と感じたのは36wの妊婦健診の時で、それまで順調に増えていた推定体重が少ししか増えていなかったことです。

ただ、この時点ではあくまで推定体重なので気にしなくて良いと言われました。

この時の推定体重が2338gでした。

しかし36w3dに少量のおしるしがあり、この時点でも推定体重は2500g以下でしたが、数日後に正産期に入るので自宅安静になりました。

この時点で前駆陣痛は始まっていました。

正産期に入った37w0dに自宅安静は解除になりましたが、この時の推定体重は2286gでした。

37w2d、前回のおしるしとは比べ物にならない出血があり、推定体重も増えておらず、子宮口も少し開いていたので念のため入院になりました。

診断は常位胎盤早期剥離、胎児胎盤機能不全、子宮内胎児発育遅延でした。

37w3dの朝の診察では、

「子宮口が開いているとは言いえ、本陣痛も始まっていないので直ぐに生まれる訳ではない」

と言われていました。

しかし、その日の夕方から陣痛が始まり、血圧が上昇、妊娠高血圧症候群と診断され、陣痛室で点滴をうけながら一晩モニターチェックを受けました。

そして37w4dの早朝、無事出産しました。

赤ちゃんの体重は2676gでした。

最初に書いたように、私は本当にこれと言ったトラブルもなく妊娠後期まで過ごしてきましだ。

まさか出産直前に自分にこんなにトラブルがあるとは夢にも思っていませんでした。

先生と助産師さんによると、私の胎盤は通常よりも少し小さめで、胎児の発育はこれが限界だっただろうと言われました。

また、私は小柄なので胎盤の大きさ自体もこれが限界だっただろうから、今産まれてきて良かったとも言われました。

入院中、出産中、心配な中で、息子が元気に動にいてくれたことが心の支えになりました。

同時に妊娠・出産とはいつ何があるか分からないと実感しました。

無事に産まれてきてくれた息子に本当に感謝です。

著者:snmt

年齢:26歳

子どもの年齢:8ヶ月

結婚してすぐに子供を授かり、現在は息子を育てながら専業主婦をしています。慣れないことばかりの毎日ですが、息子の成長を楽しみに、毎日試行錯誤しながら新米お母さんを楽しんでいます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

前置胎盤って?!妊娠するまで知らなかったリスク。安定期に入っても安心できない!
待望の妊娠に「前置胎盤」の診断。いずれ治る?まだ?でもくよくよしない!
流産を経て、待望の2人目妊娠。…でも、りんご病感染で目の前が真っ暗に!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP