ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ボルボ」が2017年までに自動運転車両を実用化するかも?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる同社ですが、その安全性に加え、テクノロジーにおいても注目が集まっています。

すでにスウェーデンでは、自動運転実験車両が実際に走行中。こんな機能が。

ドライバーと歩行者に配慮した
「インテリセーフ」

ボルボは安全面におけるアプローチを「インテリセーフ」と名付け、ドライバーの負担を軽くするセンサーやアシスト機能を充実させています。

一定の速度で走ってくれる定速走行に、車間距離制御などが加わることで、渋滞や高速道路での走行が本格的にラクに。

つまり、「加速、走行、減速、停止」を自動でコントロールしてくれるようになるというわけ。全自動運転への流れとしては自然です。

狭い路地や、街中でも多い、歩行者やサイクリストを検知。必要に応じてオートブレーキを作動。

さらに、万が一の時に作動するエアバッグは、ドライバーのみならず歩行者用も。これは、ボルボが世界で初めて実用化した技術。クルマに関わるすべての人の「安全」を守ろうという、こだわりが見えますよね。

ちなみに、2013年にはこんな動画が発表されていました。

運転席に座り、手離しで絵を描いていた女性。これは、自動運転の活用例を表現したものです。車に乗っている間に趣味や仕事に時間を費やせるほか、無駄なアクセルやブレーキを減らして低燃費やエコにも繋がるところが嬉しいポイント。

同社は、2017年までに、100台の車をつかって、一般のユーザーが、一般の道路で、自動運転機能付車両を使用できるよう準備を進めていると公式ホームページで発表しています。ワクワクしますね。乗ってみたい!

Licensed material used with permission by Volvocars

関連記事リンク(外部サイト)

たたんで運べる!折り紙みたいな「カヤック」
【世界初】トイレマッチングサイト「SUKKIRI」。大丈夫、もう漏れない。
「手のひらサイズ」のドローンが予約開始!3万円で機能も充実

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP