ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『スター・ウォーズ』のアトラクションと花火ショーが米ディズニー・ハリウッド・スタジオに登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この春、映画『スター・ウォーズ』シリーズをテーマにしたショーが米ディズニー・ハリウッド・スタジオにお目見えする。

4月4日(現地時間)、スタジオは『Star Wars: A Galaxy Far, Far Away(原題)』と題されるショーを初公開する。このショーは、この象徴的な宇宙シリーズのキーとなるイベントを再現し、カイロ・レン、チューバッカ、ダース・ベイダー、ダース・モールといったキャラクターの中から特別ゲストが登場する。

同日には、ファースト・オーダーのキャプテン・ファズマ率いるストームトルーパーによる行進も始まる。行進は1日に数回催される。

初夏になると、スタジオは『Star Wars: A Galactic Spectacular(原題)』という夜の公演を始める。これは花火を中心とするショーで、花火、特殊効果、プロジェクション・マッピング等を組み合わせた内容になる。プロジェクション・マッピングには、タトゥイーンの2つの太陽、バトル・ドロイド、デス・スターのトレンチ(溝)、スター・キラーの基地ほか、『スター・ウォーズ』でお馴染みの舞台が含まれる。スタジオ始まって以来の、最も精巧な花火ショーとなる計画で、ライトセーバーのような光の表現を空に作るべく、炎の柱やスポットライト光線が飛び交う。

『スター・ウォーズ』に関連する他のアトラクションとしては、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のキャラクターに注目した、スペース・フライト・アトラクションの3D疑似体験、ジェダイの修行体験、レプリカの小道具、モデル、衣装のコレクションなどがある。また、『スター・ウォーズ』に関連するたくさんの商品が園内に並ぶ。

この動きと並行して、カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドでも『スター・ウォーズ』の拡張が進行中だ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP