体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「チイチイパッパは嫌」というお年寄りにも喜んでもらえる音楽のコツ

丁寧と子ども扱いの違いは?「チイチイパッパ」と受け取られないために

ご高齢者や認知症が進んだかたにも楽しんでいただけるコンサート「音楽の花束」を主催しておりますGOTOです。何より一番大事にしているのは、「演奏家と参加者が幸せになれるようにお手伝いをする」ということです。音楽を通して知った認知症のかたへの接し方について、お話したいと思います。

日頃の接し方と音楽提供の仕方に共通すること

ファミリー向けのコンサートを主体に活動していたGOTOですが、高齢者施設で音楽提供の仕事をスタートするにあたり「認知症サポーター養成講座」で認知症の症状や感情の変化、周囲との関係の作りかたなどのことを知りました。また、「きらめき介護塾」代表の渡辺哲弘さんの講演でも、より詳しく脳の働きや認知症の起きる仕組み、具体的な症状や行動とその予防、対処方法などを学びました。こうした講習会を通じて、認知症の方は不安を感じると、叫ぶ、その場から離れたがる、パニックになるなどの症状が出るため「ゆっくりていねいに話す」ことに留意し、コンサートを行っております。ただ、話し方や動き方など、一歩間違えると「子ども扱い」になりかねません。

音楽を通して知った認知症のかたへの接し方について2

丁寧に接することと子ども扱いは違います

GOTOの祖母は現在98歳で施設にお世話になっています。以前は「歌や体操をチイチイパッパとやるのがいやだ」とデイサービスに通うことも拒絶していました。GOTOが動きを伴った音楽を提案するとき、またはご一緒に歌う曲のご説明をするときにいつも頭をよぎるのはこの祖母の言葉です。「ていねいに」「繰り返し話す」などの対応も、「チイチイパッパ」と受け取られないようにと考えなければならないと思います。高齢の方が「子どもみたいに扱われるのが不愉快」ということはよく聞かれることです。

先日行った杉並区のデイサービス「空の花」のコンサートでは、歌手のさちちひろさんとともにご利用者との対話を大切にしながら進行したところ、日頃物静かな方が「自分もなにか歌おうか」とステージに飛び入りをしてくださるほど楽しんでいただける会になりました。

押し付けない、一緒に楽しむことが大事

地元の高齢者施設や勉強会に足を運び、認知症のかたへの接し方についてさらに多くのヒントをいただいた中で、印象深かったお話をします。どちらの施設も看取りを含めたケアをしておられますが、一般てきな言葉で言えば「QOL、QODを高める」ということを目指しています。

さちちひろコンサート3

「練馬キングス・ガーデン」の施設長、中島真樹氏

1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。