ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

春を告げる祝い魚、さわらを食べよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

漢字で表すと「魚」偏に「春」。その名の通り、鰆(さわら)は春を告げる祝い魚として日本では古来より珍重されてきました。とくに西日本では冠婚葬祭の魚といえばさわらが定番。煮物や焼き物など、懐石料理にもつきものの魚です。

「鰆」という漢字は当て字ですが、名前の由来はほっそりしたスマートな体形から。「狭い腹(さはら)の魚」の意から「さわら」と呼ばれるようになったといわれています。水分が多く、身がやわらかいのが特長。青魚と白身魚の長所を兼ね備えた上品な味わいと、うっすら桜色の身に日本人を古くから魅了してきました。

さわらの刺し身は皿までなめる旨さ!?

西日本で珍重されてきた高級魚ですが、とくに「さわらの値段は岡山で決まる」というほど岡山県では非常に好まれています。岡山では、さわらといえば刺し身が定番。「さわらの刺し身は皿までなめる」という言葉が生まれるほど、瀬戸内海で獲れた鮮度の高いさわらを手早くさばいた刺し身が庶民に愛されています。また、成長が早く半年で体長が50センチにもなる出世魚としても、さわら料理はおめでたい日に欠かせないごちそうでした。

さわら愛から生まれた岡山名物「ばら寿司」

岡山の郷土料理といえば、「ばら寿司」も有名。ばら寿司の歴史は古く、江戸時代に岡山藩主・池田光政が庶民に「一汁一菜」のお触れを出し、贅沢な食事を禁じたことがはじまり。さわらを愛する岡山人は、「それならばさわらと飯と野菜を混ぜ込んで一品にしよう!」という抜け道的アイディアから生まれたのがばら寿司。まさに、御上に禁じられようともどうしてもさわらを食べたいという庶民の“さわら愛”が編み出した伝統料理といえるでしょう。

ちなみに魚は一般的に頭側のほうがおいしいといわれますが、さわらに関してはしっぽ、尾の側のほうが美味。丸ごと一尾が手に入ったら、頭側としっぽ側の味の違いをぜひ確かめてみてくださいね。

参考文献:『からだにおいしい魚便利帳』 藤原昌高 高橋書店/『食彩の王国』 扶桑社

おすすめのレシピ

さわらの淡煮のレシピ | 料理サプリ

さわらの味噌風味焼きのレシピ | 料理サプリ

さわらの南蛮漬けのレシピ | 料理サプリ

初めてでも簡単!サワラのかぶら蒸しのレシピ | 料理サプリ

ばら寿司のレシピ | 料理サプリ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP