ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パ・リーグ新外国人選手を5段階評価 166km守護神候補も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今季のプロ野球は、大物選手の移籍や大型トレードが少なく、新外国人選手の働きがチーム成績を大きく左右しそうだ。今年活躍する助っ人は誰なのか? パ・リーグの新外国人選手を紹介しよう。(名前・年齢・守備・主な元所属球団・推定年俸。★は5段階評価。野球評論家等への取材をもとに本誌作成)

【ロッテ】
ナバーロ・28・内・韓国三星・1億4000万円
★★★★

 昨年、韓国リーグの二塁手部門で外国人初のGグラブ賞を獲得。本塁打も助っ人史上最多の48本をマークし、好守ともに期待できそう。(※注:2月22日に銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕される)

【日本ハム】
バース・28・投・レンジャース・1億円
★★★

 昨年までメジャーで5年連続20試合以上の登板実績を持ち、最速158㌔のストレートが武器。先発ローテーションの一角を狙う。

マーティン・29・投・ヤンキース・8000万円
★★★

 203cmから投げ下ろす最速155kmのストレートを武器に、昨年はヤンキースで24試合に登板。ちなみに足のサイズは32cm。

【楽天】
リズ・32・投・パイレーツ・1億円
★★★★

 最大の武器は韓国球界で記録した最速163kmのストレートで、シンカーとのコンビネーションで三振を奪う。先発ローテ候補。

ブリガム・28・投・ブレーブス・5000万円
★★★

 手元で動く150km前後のストレートが武器で、両サイドに投げ分けて打たせてとるタイプ。一軍に帯同せず久米島で調整を続ける。

アマダー・29・内・メキシカンリーグ・3000万円
★★★★

 NPB史上最重量の135kgの巨体を生かし、初のフリー打撃で53スイング中17本を柵越えさせた。破壊力十分の新4番候補。

【西武】
C.C.リー・29・投・インディアンス・8400万円
★★★★

 台湾出身の右腕が変則サイドスローから投げる最速156kmのストレートは元ヤクルトの守護神・林昌勇以上と絶賛されている。

バンヘッケン・36・投・韓国ネクセン・1億4000万円
★★★★

 2014年に最多勝(20勝)も含め、昨年まで韓国リーグで4年連続2ケタ勝利をマーク。193cmからのストレートとフォークが武器。

【ソフトバンク】
スアレス・24・投・メキシカンリーグ・5000万円
★★★★

 一昨年までアマチュアでプレーの無名選手。188cmの長身から低目に決まる158kmの速球を他球団のスカウトが大絶賛。

【オリックス】
コーディエ・29・投・マーリンズ・9600万円
★★★★★

 最速166kmの守護神候補。昨年はメジャーで8試合に登板して勝ち星はなかったが、3Aでは40イニングで50奪三振を記録した。

モレル・28・内・ホワイトソックス・9100万円
★★★★

 広角打法の右の中距離ヒッター。他球団のスコアラーも「変な癖がなく、ポイントが合うと大きな当たりが出る」と警戒している。

ボグセビック・31・外・フィリーズ・9100万円
★★★

 投手としてメジャー入団後、野手に転向。通算19本塁打を記録した。昨年は3Aで打率リーグ5位、24盗塁。攻走守三拍子揃う。

■撮影/山崎力夫

※週刊ポスト2016年3月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓国人 本田のJリーグへの発言受け「韓国へおいで」と絶賛
新宝くじ「2000万サマー」は“連番”より“バラ”が狙い目
韓国女性は美容にかける時間が日本人の2倍 平均で約68分

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP