ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

50才でも自然体の小泉今日子「加齢は劣化ではなく変化」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 小泉今日子が今年2月4日、ついに50才になった。そんな彼女の誕生日に合わせて発売された不定期刊行のカルチャー誌『MEKURU』(ギャンビット刊)は、出版不況と言われるなか、あっという間に完売した。今回の大目玉は〈みんなのキョンキョン、誰も知らない小泉今日子〉と題した大特集。小泉がすっぴんで自宅を公開した表紙のほか、母・由美さんが初めてメディアに登場するなど、大きなニュースとなった。

 女性アイドルの当たり年といわれる「花の82年」にデビューした小泉今日子。中森明菜(50才)、松本伊代(50才)、早見優(49才)、堀ちえみ(49才)といったスターが同期としてデビューするという、アイドル全盛期だった。

“聖子ちゃんカット”が大流行した当時、同期の面々と同じく小泉も聖子ちゃんカットをしてみるが、ある日事務所にも内緒でショートカットにイメチェン。「アイドル=かわいい」の図式を「アイドルなのにカッコいい」へ塗り替えた。「女性アイドルのメインターゲットは若い男性」なる不文律を、いとも軽やかに乗り越えてみせた。

「小泉さんは、人からどう思われるかということに重点を置いていない。トライしてみて違うと思ったら、すっぱりやめる潔さがある。それが新しいアイドル像として、輝いて見えたんでしょうね」

 と語るのは、『小泉今日子はなぜいつも旬なのか』(朝日新書)の著書がある日本文学研究者の助川幸逸郎さん。

「彼女は物にも人にも依存したり、固執したりしない。だけどいいと思ったことはどんどん取り入れて、続けて自分の色にしていく。これは“自分が間違っていなければ、わかってくれる人はいるよね”という周囲への信頼。それがとても強い女性なんです」

『MEKURU』の表紙での小泉は、眉毛が半分のガチなすっぴん。コラムニストの今井舞さんは、ニュースになるほどバカ売れした理由を、彼女の“自然体”とみている。

「小泉今日子は昔からそうだった。『あまちゃん』でも最初は肌が劣化したと話題になりましたが、今はその自然なフケ感が改めて支持を集めている。若い頃から自分のリアルを晒し出せる自信や実力があって、それでいいんだと肯定できる精神的な豊かさがある。“若くて、キレイ”に絶対的価値を置かない、真の意味での大人の女性なんですよね」(今井さん)

 若さがもてはやされる社会にあって、「できるだけ若く、できるだけ変わらずに」と願うのが女性心理。年相応に変化していくことを受け入れるのは、容易ではない。

 しかし小泉は、自分自身の体に起きる変化を、いかにも愛おしそうに語ってきた。

《白髪も厄介ですよね。でも、猫を飼ってるのと同じかな。猫がご飯あげたりして手をかけないといけないみたいに、白髪も“この忙しいときに、またお前がわがまま言うから美容院に行かなきゃいけない”って美容院へ行く》
《四十肩もすごかったですね。1年以上治らなかった》

 45才で老眼鏡を購入したときには、テレビ番組でこんなふうに語った。

「なんか元気な日はいいんだけど、疲れた日に何も読めやしないよね。ショックだったね。だけどさ、なんか楽しくない? そういうことを感じることも」

 助川さんが言う。

「常に変化し続けてきた彼女にとって、加齢は劣化ではない。その変化こそ『小泉今日子』ですから」

 小泉はもう何十年も前からおひとり時間が大好きだ。19才の時から誕生日はひとりで、ケーキも買わずに、普段通りに過ごす。出不精だから休日は家にこもり、DVDや大人買いした漫画、韓流ドラマを堪能するのが幸せだという。仮に食事に誘われても「今日はちょっと親が…」なんて断ることもあるとか。エステもジムも面倒で通えないけれど、「私なんてこんなもの」と、いい意味であきらめているから、かえって子供のような心持ちで毎日を楽しく過ごせているんだという。

※女性セブン2016年3月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
小泉今日子の「変わっていく力」を考え彼女の生き方を学ぶ本
小泉今日子「笑ってばかりのアイドルは表情筋発達が職業病」
小泉今日子、中山美穂、AKB48らの名曲産んだ作曲家の自伝

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP