ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松坂大輔は復活するか? 球界OBは懐疑的

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ソフトバンク(SB)2年前を迎えた松坂大輔は、今年のキャンプで最も意欲的で評価をあげ、“復活”は確実だろうという意見も出ている。野球評論家・杉本正氏は「ブランクは1年、メジャー時代を含めると数年は先発として年間を通して投げていなかったわけで、そう考えると肩周りの筋肉とかスタミナはかなり落ちていると思う。開幕からは無理です。でも今から体を作って、6月以降なら十分一軍の戦力になれるのではないか」と一定の評価を与えている。

 一方、やはりこの声が聞かれるのも事実。「松坂の復活は難しい」という意見だ。野球評論家・江本孟紀氏の話。

「工藤(公康)監督の中では先発ローテの頭数には入ってないでしょうね。皆どうも勘違いしているけど、メジャーから帰ってきている時点で、力は落ちているんです。だって落ちてなかったら日本に帰ってこず、まだ向こうで投げているはずでしょう? 手術明けだし、使う方だって難しい」

 さらに手厳しい見方をする向きもある。350勝投手の米田哲也氏だ。

「復活は無理。松坂はメジャーに行ってから投げ方が変わってしまった。昨年と比べ多少フォームが変わったのは事実だが、それでも完璧な“手投げ”です。

 松坂は西武で投げている時から上体で投げる傾向があったんですが、メジャーでますますひどくなった。もう35歳で股関節の可動域も広がらないし、柔軟性は出てこない。故障上がりの不安があるから、思い切って練習もできない」

 そもそも、松坂はどうしてまともに投げられなくなってしまったのか。

「メジャーの固いマウンドのために、下半身を使わなくなったことが諸悪の根源」

 と米田氏はいう。

 西武時代、投手コーチとして松坂を指導していた杉本氏も同じように、メジャーのマウンドに松坂の投球を狂わす原因があった、と指摘している。

「日本で投げていた時も、内転筋を痛めたり、股関節が万全ではなかったが、メジャーの固く締まったマウンドで投げることで上半身と下半身の連動がうまくいかず、下半身に負担がかからないように歩幅を狭くしたことで上体が高くなり、手投げになっていったんです。その結果、肩やひじへの負担が大きくなったんだと思いますね」

 松坂はマウンドが柔らかい球場を得意としている。遡ること1999年、プロ初登板の舞台として選ばれたのも、マウンドが柔らかいことで定評のある東京ドームだった。

「前年優勝していた西武は、開幕カードは西武ドームで開催した。あれだけ騒がれた黄金ルーキーのデビュー戦、ホームで投げさせればお客さんは間違いなく満員になったでしょうが、当時の東尾修監督が“大輔の大事なデビュー戦にはマウンドが柔らかい球場がいい”と考え、東京ドームで投げさせたといわれています」(スポーツジャーナリスト)

 足下が固く、踏み込んだ足から衝撃が伝わってくるマウンドでは上下のバランスをとりづらい。そのため下半身の負担を軽減するため、上体に頼りがちになる。

「メジャーは腕だけで投げる投手が多い。そのため上半身の筋力ばかりつける傾向がある。だが、彼らと日本人ではそもそも骨格・体格が違う。筋力で劣る日本人は、もっと下半身を弓のようにしならせて投げないといけないのに、向こうで変な影響を受けたことで、より一層、下半身の動きが悪くなり手投げになってしまった」(米田氏)

 さらに相変わらずのウェイトオーバーぶりも問題。

「松坂はベスト体重が84キロとされている。しかし登録では93キロとある。キャンプイン前には“3~4キロ絞った”といっていましたがそれでも重い。元々太りやすい体質であるうえに、スナック菓子が大好きという性格ですから、体重はなかなか減らないと思います」(前出のジャーナリスト)

※週刊ポスト2016年3月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ユニフォーム売上日本人1位の上原浩治 7歳息子人気も爆発中
日本球界に復帰の松坂大輔 8勝前後、打線の援護で2桁の予想
松坂大輔は小太り東洋人 期待はずれで無駄遣いと米メディア

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP