ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Airbnbの空き部屋をキーレスで貸し借りできる、画期的なソリューションに注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

空き部屋の貸し借りプラットフォーム「Airbnb」は、190カ国3万4000都市で200万件以上の物件が登録され、6000万人が利用するグローバルなサービス。

オーナーにとっては、出張や休暇で不在の間、空いている自宅などを貸し出すことで、一定の収入が得られるのが魅力だが、実際には鍵の紛失や盗難など、セキュリティを脅かすリスクもゼロではない。

・暗証コードで解錠できる、キーレスエントランスシステム

「Parakeet」は、鍵を使わない“キーレス”なエントランスシステム。

このシステムの利用には、オーナーのAirbnbアカウントとの連携が必要となっており、Airbnbを通じて物件の利用予約が確定するごとに、Parakeetが自動的に暗証コードを発行する仕組みだ。

利用者は、メールなどで通知されるこの暗証コードを使って、物件の利用期間中、いつでも自由に施解錠することが可能。

また、オーナーは、スマートフォンやPCを介して、施解錠の操作履歴をモニタリングすることができるという。

オーナーにとっては、遠隔で鍵の管理ができるため、セキュリティを担保しながら、従来の鍵の受け渡し業務を効率化できる一方、利用者にとっても、よりフレキシブルでシームレスなチェックイン・チェックアウトが可能となるのが利点だろう。

・コワーキングスペースやシェアオフィスにも導入!?

Parakeetのようなキーレスシステムは、Airbnbに登録されている空き部屋のほか、コワーキングスペースやシェアオフィスなど、特定のメンバーがそれぞれのスケジュールに合わせて利用する建物などの入退出管理にも、応用できそうだ。

Parakeet

Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP