ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界一高いビルの次は「海に浮かぶ家」!?ドバイの建築が想像の斜め上を行っていた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

地上828mの世界一高いビルを建て、人工島をまるごと所有して家を建てることもできる国、ドバイ。次にどんな建築物が登場しても、ちょっとやそっとのことでは、もう驚くこともないでしょう。でも、まだまだトンデモない構想がありました!

ペルシャ湾に浮かぶ
フローティングハウス

ドバイのディベロッパー「Kleindienst」が手がけた海の上に浮かぶ家。総建築費およそ3億1,000万円にもかかわらず、2015年発売以来すでに60戸すべてが完売し、年内には完成予定だそう。

海岸線から、およそ2.5マイル(およそ4キロ)ほど離れた海上に浮かぶこの水中住宅。土地に建てられた物件でないため、実際にはボートとしての扱いらしく、“船上ハウス”というのが正しいくくりだそう。どちらにしたって、ゴージャス感極まりなし!陸上からボートや水上機で海を渡ったあとは、完全にプカプカ海の上での生活。想像つきます?

ペルシャ湾に面したドバイは、スキューバダイビングやシュノーケリング、ジェットスキーなどマリンスポーツがさかん。このタツノオトシゴが浮かぶエリアは、サンゴが生息し魚たちが集まるダイビングスポットでもあるようです。

Kleindienstによると、この浮かぶ家は「マリンスタイルの隠れ家」をイメージしたというのですが…全容を見るに、隠れ家というよりは高級水上コテージといった装い。

海上2階、水中1階立ての
ゴージャスすぎる隠れ家


フロアは3つに分かれ、最上階はペルシャ湾を一望するスカイデッキとジャクジー。大きく窓を開け放ち開放感たっぷりのリビング(1F)の外は、ウッドデッキが広がっていて、そこからそのまま海にダイブすることも。

アクアリウム状態の
ベッドルーム&スパ


これぞ、天然のアクアリウム。水面下に沈んだ建物の地下部は、目の前にサンゴ礁が広がるバスルームと寝室。手足の先がシワシワになるまで、何時間でも入っていられそうですよね。

ところで、気になるのはこの家、海流に流されてどこかへ移動しないの?という点。この部分は動画の中に答えがありました。じつは海上コテージ、単体で海上の好きなところを行き来できる訳ではなく(そもそも動力なし)、いくつかの住宅が集まったユニット上になって海上ドックのような体裁をとっている模様。
もちろん、向きによってプライベートは保たれているようですが…。

自然との共存なるか?

人口サンゴ礁プロジェクト

そもそもこの海上住宅に「Floating Seahorse(浮かぶタツノオトシゴ)」の名がついているのには、こんな意図がありました。海岸開発による生息地減少のため、ペルシャ湾に生息していたタツノオトシゴが年々減少傾向にありました。Kleindienst社CEOのJosef Kleindienst氏は、2015年5月の除幕式でコテージの海中に人口のサンゴ礁の設置計画を公言。タツノオトシゴが繁殖可能な、安全で住みやすい海中環境を同時に実現するプランを発表しました。

Floating Seahoseにやってくる住人が、このコンセプトに共感して豊かな海の生態系を守る努力も必要な人口サンゴ礁プロジェクト。2016年内にまずは住宅の方が一足早く完成予定だそう。

Reference:Tech Insider
Licensed material used with permission by Kleindienst

関連記事リンク(外部サイト)

「もしも、一つだけ願いが叶うとしたら?」がん患者と健康な人に、同じ質問をした結果・・・
「ラップ」でマックのメニューを注文した結果・・・(動画あり)
2,000頭もの「シロイルカの群れ」をドローンが撮影

TABI LABO
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP