ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【転職したい!】自分の個性、センスを大切にしたいあなたの心が喜ぶお仕事10選 ~現役先輩のクチコミつき~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「今の仕事も悪くは無いけれど…どうせなら、もっと自分が『好き』って思えることを仕事にしたい!だけど…実際どんな仕事があるの?」

そんなあなたの為に、編集部厳選のおススメ職種をご紹介。

今回は、「自分の個性、センスを大切にしたいあなた」へ向けた10選をお届け!

ネイリスト


爪の健康とおしゃれのプロ

お客様の希望に合わせてカラーリングやアート、スカルプチュアなどで爪を飾る。爪や指先が健康であるようにケアをするのも仕事。

●センスはどう活かす?

お客様のファッションやメイク、生活スタイルを踏まえ、おしゃれな指先に。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

家事と育児に追われる毎日でした。そんな自分を変えたくて、ハマッていたネイルを仕事に。(前職:専業主婦)

着付け師


着物で人を素敵に演出

結婚式や成人式、七五三などの行事の際、着物の着付けをする。和装のメイクや立ち居振る舞い、作法のアドバイスまで手がける人も。

●センスはどう活かす?

どんな場面で着るのか、TPOのほか、着る人の年齢や体形なども考慮し、その人の雰囲気に合った着付けをする。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

資格があれば着付け教室の先生としても働けるし、着物スタイリストになる道も。長く続けられる仕事だと思いました。(前職:PCインストラクター)

アロマ空間コーディネーター


アロマで空間演出

精油を用い、クライアントのニーズに合わせて香りを作る。抗菌作用など機能面も考慮し、その場に合った効果的な香りで空間を演出。

●センスはどう活かす?

ホテル、商業施設、医療機関など、多くの人が集まる空間を香りで演出する。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

もっと多くの人にアロマのよさを伝えたい…私の願いが叶う仕事だと思いました。(前職:アロマテラピスト)

ブライダルコーディネーター


結婚式をハッピーに演出

結婚を控えたカップルの相談に応じ、挙式やパーティーの企画・演出。関係者と連携をしながら、人生最大のハッピーなイベントを作る。

●センスはどう活かす?

式場選び、ドレス、ブーケ、ヘアメイク、料理、パーティーの進行など、さまざまな手配を行うなかでセンスを発揮。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

友人の誕生日会にサプライズをするのが大好き。そんな私が結婚披露宴に招待されることが続き、式の演出を手がけてみたいと思うように。(前職:接客)

メイクアップアーティスト

人の「美」を引き出す

メイクサロンや結婚式場で活躍。また、雑誌やテレビ番組の撮影などで、企画内容や場面に応じて、モデルや出演者にメイクをする。

●センスはどう活かす?

その人の肌の色や顔立ち、個性といった持ち味を活かしながら魅力を引き出していき、より美しくする。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

以前はほぼノーメイク。ある日、エステでメイクしてもらったら幸せな気分になり、メイクはこんなにも人を幸せにするんだと感動した。(前職:会社員)

カラーコーディネーター

似合う色をアドバイス

色彩の専門知識を活かし、個人に対して似合う色を診断。建築物の企画、商品開発の分野などでも効果的な色の使い方を提案する。

●センスはどう活かす?

髪や肌の色を分析して診断。服のコーデやメイクの色彩アドバイスもする。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

趣味でインテリアを学んだ際、色の重要性や奥深さに開眼。仕事にしたいと思いました! (前職:大学職員)

トリマー

ペットをよりかわいくする

犬などペットの毛をカットしたり、シャンプー、ブラッシング、爪切り、耳掃除などを行う。ペットの健康面のチェックも。

●センスはどう活かす?

犬などの種類や飼い主の希望を考慮し、流行を取り入れてトリミング。より愛らしく見えるように仕上げる。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

犬が大好きなのに、「トリマーになるのは年齢的に無理かも」と諦めていた私。同年代のトリマーと出会い、転身を決意しました。(前職:販売職)

フラワーコーディネーター

花で空間を多彩に彩る

レストランや結婚式場、イベント会場など、さまざまな場所で必要不可欠な花。依頼者の希望に沿うように花材を選び、装飾をする。

●センスはどう活かす?

たくさんある花の中から、花の種類や色の組み合わせを考える。場の雰囲気や、目的に合うようにディスプレイ。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

趣味で習っていた花。ママ友達から「教えて」と頼まれるようになり、「大好きな花を仕事にできるかも」と思うようになりました。(前職:専業主婦)

インテリアコーディネーター

お客様の希望の住空間を実現

主に個人のお客様からの依頼を受け、住まいの空間づくりのアドバイス。希望や生活スタイル、予算に合わせてインテリアを提案する。

●センスはどう活かす?

家具や壁紙、カーテンなどを選び、どう配置するのか提案。専門知識とセンスで、快適な住空間を具現化する。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

留学先で初めて一人暮らしを経験。自室を快適にするためにデコレーションをするのがとても楽しくて! 帰国後即、勉強を始めました。(前職:事務職)

照明デザイナー

照明を通じて空間作り

室内空間はライトの形や色、光のあて方によって印象が異なる。場所や用途に応じた照明器具をデザインし、効果的な照明方法を提案。

●センスはどう活かす?

住宅や店舗などの照明器具をデザイン。街のライトアップ計画といった、景観照明デザインの分野での活躍も。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

あるお芝居を見て、舞台照明の素晴らしさに魅せられました。日常生活の中の照明にも興味をもつようになり、仕事にしようと決意。(前職:派遣社員)

毎日24時間のうち、1/2~1/3は仕事をしている時間と考えると、やっぱり自分が「好き」と思えることを仕事にしたいもの。

今回は、「個性やセンスにまつわるお仕事」を紹介しましたが、気になるお仕事は見つかりましたか?

たった一度の人生、自分が本当にやりたいことを仕事にできたらいいですよね!

構成/ケイコとマナブ編集部 取材・文/小林裕子(小林編集事務所)

※この記事は2016年1月時点での情報です

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP