ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長野県にアートな「ツリーハウス」が点在する森があった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。

著名アーティストたちが
長野県の森の中で競演!



そもそも、安藤百福センターとは、インスタントラーメンの発明者である安藤百福の生誕百年を記念し、“子どもたちに自然体験活動を教える指導者”を育てる「上級指導者」の養成と、指導カリキュラムの研究・開発を目的として設立された施設。

そこで、2010 年より公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団が展開しているのが、「小諸ツリーハウスプロジェクト」なのです。

敷地内の「アートツリーハウス」は、佐藤オオキ氏や古谷誠章氏、佐藤可士和氏など、様々なジャンルのクリエイターがデザインしたもの。四季折々の豊かな自然とアートが共鳴する、まったく新しいコンセプチュアルな空間となっています。

これまでアウトドアが身近ではなかった人に対して、「アート」をフックとし、小諸という自然豊かなフィールドの中に入ってきてもらうことで、アウトドアに興味を持つきっかけとなる場所を創造する。アートツリーハウスは、その想いのシンボルとなるものなのだそう。

ここでは、地域の人々と作り上げていく、「アウトドア・アート・食」を融合させたイベントを定期的に開催中。その内容は、トレッキングから、地元の食材をふんだんに使用したアウトドア料理のワークショップ、自然のものを使って作品を制作するアートワークショップなど様々。

同プロジェクトの次回のイベントは、2016年5月28日(土)に開催決定。詳細は公式Facebookをチェックしてみてください。

ちなみに、安全上の理由からツリーハウス内部に入ることは不可。実際に作品を見たい人は、必ず安藤百福センターで受付をしてくださいね!

Licensed material used with permission by 小諸 Tree House Project

関連記事リンク(外部サイト)

NY育ちの女子大生が、イギリスの片田舎に留学して手に入れたモノ
「血の池」に「ワニ地獄」九州の温泉地が、気になりすぎる・・・
「飛行機あるある」を描いたイラスト 思わず共感っ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP