体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブラックライトで光る色鮮やかなペイント「ボディマーブリング」

タトゥーよりもビビッドで、ブラックライトで照らすと光る、ド派手なボディペイントとして話題になっているのがコレ。しかも、驚くほど気軽に遊べるのが特徴なんです。

新感覚ペイント!
「ボディマーブリング」って?

上の動画は、「TomorrowWorld」、「Electric Forest Festival」、「Moonrise Festival」などに出展していたクルー「Black Light Visuals」が、2014年に記録したもの。

容器の中で渦巻いているアクリル染料に手を加え、カラフルな模様をデザインしていきます。パフォーマンスとしても十分見応えがありますが、モノやカラダを浸して水圧転写させることで、複雑なボディペイントが一瞬でカラダに!

ブラックライトで光る色鮮やかなペイント「ボディマーブリング」 ブラックライトで光る色鮮やかなペイント「ボディマーブリング」 ブラックライトで光る色鮮やかなペイント「ボディマーブリング」

遊び方はカンタン。ペイントするときには、手をドボン!と染料に突っ込むだけOK。そのあと塩水をベースに配合された特殊な液体にサッと通すと色や模様が固定する仕組み。

染料の層が薄いため、肌の呼吸も邪魔せず、これまでにアレルギー症状が出たこともないと言います。それに、ひと通り楽しんだ後には石鹸で洗えばすぐに落とせるので、その日だけ楽しみたいというカジュアルな人にピッタリなんです。

同クルーは、この手法でマーブル塗装を施したTシャツやキャップ、スマホケースなど衣類や小物も販売中。ですが、やっぱりこれをボディペイントに応用しちゃうところが注目のポイント。さらに!じつは、日本にもクルーが。

日本でも楽しめる!

ブラックライトで光る色鮮やかなペイント「ボディマーブリング」 ブラックライトで光る色鮮やかなペイント「ボディマーブリング」 ブラックライトで光る色鮮やかなペイント「ボディマーブリング」 ブラックライトで光る色鮮やかなペイント「ボディマーブリング」 ブラックライトで光る色鮮やかなペイント「ボディマーブリング」
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。