体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どうだこれが日本刀だ!日本刀職人の"技"を4K映像で余すところなく収録「4K Katana Project」

生活・趣味
どうだこれが日本刀だ!日本刀職人の"技"を4K映像で余すところなく収録「4K Katana Project」

2015年にJapaaanでご紹介した日本刀が出来上がるまでを美麗4K映像に収めた「日本刀ドキュメンタリー」が遂にクラウドファンディングMakuakeに登場しました。

これぞ至極の職人美!最高峰の日本刀職人の仕事を4K映像で「4K Katana Project」

どうだこれが日本刀だ!日本刀職人の"技"を4K映像で余すところなく収録「4K Katana Project」
日本刀とその製作技術は現在では日本の伝統的総合芸術と言われるまでに高められていますが、日本刀の職人の作業工程を美しい4K映像でとらえ、国内のみならず海外へも配信するプロジェクトが進められています。…

近頃は刀剣ブームがきてますが、日本刀がどうやって作られるかご存知でしょうか。日本刀は完成までに1年近い時間を費やし、「刀鍛冶(かたなかじ)」「研師(とぎし)」「鞘師(さやし)」「塗師(ぬし)」「柄巻師(つかまきし)」「白銀師(しろがねし)」といった多くの職人の手仕事を合わせることでようやく完成します。

【積沸かし(つみわかし)】小割りにした玉鋼をテコに積み上げて炉で熱している様子。

【積沸かし(つみわかし)】小割りにした玉鋼をテコに積み上げて炉で熱している様子。鋼を繰り返し鍛え、約33,000枚の鉄の層を作っていきます。

本プロジェクトでは、日本各地の“現代最高峰の日本刀職人たち”によって作られる一振りの日本刀の完成までの工程に完全密着し、“職人”と“職人の技”に徹底的に迫ります。映像は4K高画質で刃文など細かい部分まで美しく撮影。撮影には約2年の期間を費やし、さきごろクランクアップを迎えました。

密着時間はおよそ15,000時間!収録映像素材の容量は約100TB!ものすごい情報量です。

detail_3343_1455177706

本編は現在編集まっただ中ですが、こちらで実際の映像をちょっとだけご覧いただけます。もちろん、4K高画質での視聴可能。

1 2次のページ
Japaaanマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会