ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョージ・ハリスン、明日発売「GEORGE FEST」への漫画家・本秀康イラスト・コメント公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本日2月25日はビートルズのジョージ・ハリスンの誕生日。2001年11月29日に亡くなってから15年の月日が流れているが、生きていれば73回目の誕生日を迎えるはずだった。そして、明日2016年2月26日、いよいよ『George Fest:ジョージ・ハリスン・トリビュート・コンサート』がリリースとなる。

ジョージ・ハリスンの大ファンのイラストレーター/漫画家の本秀康が本作品にコメントを寄せた。

このコメント入りのかわいいジョージのイラスト・ステッカーが明日発売の日本盤には添付されている。

音楽界屈指のビッグ・ネームが一同に会し、2014年に開催されたジョージ・ハリスンのトリビュート・コンサート『GEORGE FEST』であるが 、この日の主役はジョージの一人息子ダニー・ハリスンだろう。

ジョージの91年の日本公演(当時13歳)や2002年の一周忌公演「コンサート・フォー・ジョージ」(同じく24歳)でもステージに立ったダニー。今回の『GEORGE FEST』時は36歳だったが、ダニーが生まれた時の父親の年齢になっている。今作でのダニーの「サボイ・トラッフル」や「レット・イット・ダウン」でのパフォーマンスやコンサートを仕切るプロデューサーとしての姿は、まだ幼さが残っていた2002 年の時とは全く異なり、堂々としたものである。歌っている時の表情や声も含めて誰もが父親の面影とだぶってしまうことだろう。『ジョージ・フェスト』での立派に成長した息子の勇姿を、天国のジョージもきっと喜んでいるはずである。

2014年9月28日、ロサンゼルスのフォンダ・シアターで収録が行われたトリビュート・ライヴ『ジョージ・フェスト』は“ジョージ・ハリスンの音楽を祝う夕べ”という副題のとおり、ビートルズ時代からソロ、トラヴェリング・ウィルベリーズへと至るジョージ・ハリスンの名曲の数々をジョージを敬愛するアーティスト達がカヴァー。

息子ダニー・ハリスンとともに、ザ・ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソン、ノラ・ジョーンズ、ベン・ハーパー、HEARTのアン・ウィルソン、KILLERSのブランドン・フラワーズ、JANES ADDICTIONのペリー・ファレル、THE STROKESのニック・ヴァレンシ、アル・ヤンコヴィック、ウィ―ザ―やウィルコのメンバー他豪華アーティストが参加した。DVD、BDにはコンサート映像に加え、ハリスン家所有のジョージ・ハリスンの貴重な映像も挿入されている。バックステージやリハーサル中のミュージシャン達が、ジョージ・ハリスンから受けた影響について語るインタビュー映像も収録される。日本にとって2016年は、ビートルズ来日(1966年)から50周年、ジョージ・ハリスンが最初で最後の来日公演(1991年)を行なってから25周年、そしてジョージが亡くなってから(2001年)15年目となる節目の年でもある。

「GEORGE FEST」日本公式サイト
http://www.sonymusic.co.jp/georgefest

日本語字幕付き「George Fest」Official Trailer
https://facebook.com/legacyjp/videos/vb.166097603486503/936206299808959/?type=2&theater

リリース情報

「George Fest:ジョージ・ハリスン・トリビュート・コンサート」
2016年2月26日発売(日本盤:高品質Blu-spec CD2仕様)
完全生産限定盤:
2CD+BD SICX-30028~30 4500円+税
2CD+DVD SICX-30031~3 3800円+税
通常盤:2CD SICX-30034~5 2800円+税
LP(輸入盤):3LP  
デジタル:2CDと同内容27曲収録

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP