ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「沈黙に耐えられるか」が境界線! 今どき高校生の親友像とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クラスメイトやSNSのフォロワーなど、“友達”と呼べる人は数多くいるもの。

 

でも、“親友”となるとかなり限定されるのでは?

 

そこで、街行く女子高生に親友についてアンケート調査を実施。(※)

 

まず最初に、「親友は何人いますか?」と聞いてみたところ、「2〜3人」と答えた人が過半数で、親友の数が一番多い人でも「6人」という結果に。

 

やはりみんな、“友達”と “親友” はハッキリ区別しているみたい。 では一体、どんな相手を “親友” だと思っているのだろう?

 

そこで、「親友の条件」について聞いてみることに。

 

思ったことを口にして、話したくない時は無言!

 

・「沈黙が気にならないのが親友。無言でスマホをいじってても気まずくない」(高1女子・千葉)

 

・「友達と話す時は、オチがないと『つまんない子』って思われそうで話を盛っちゃうけど、親友には『疲れた〜』とか普通のことも話せる」(高2女子・東京)

 

・「用事がなくても会えるのが親友だと思う! 友達は、行き先を決めてから誘わないと『何する〜?』ってなった時の間がツライ」(高1女子・神奈川)

 

友達と親友の違いで多くの人が挙げていたのが、会話の内容。

 

沈黙が気になったり、「何話そう!?」と考えてしまう相手は、まだ“親友”とは呼べないみたい。

 

 

また、

 

・「親友と電話してる時、ノリで『今から遊園地行っちゃう?』って盛り上がって、いきなり行ったことがある。友達だとさすがに急には誘えない」(高1女子・千葉)

 

など、自分の願望を思いつきで口にできるのも、親友の大事な条件と言えそう。

 

プライドを捨てて悩み事を相談できる!

 

・「進路のことを相談できるのは親友だけ。志望校は、落ちた時に恥ずかしいから友達には言いたくない」(高2女子・神奈川)

 

・「親とケンカしたとか、友達とのもめ事とか、友達に言うと『暗い子』って思われそうなマイナスな内容でも、親友には相談できる」(高2女子・東京)

 

・「親友には、好きな人や彼氏のことを全部相談できる! でも、友達には『あの人かっこいいよね』くらいは言えるけど、『好き』とか『告ろうと思ってる』とかは絶対言わない。みんなにバラされそうで恐い」(高1女子・東京)

 

 

相談事のなかでも、「恋バナは親友にしか話さない」という人が意外にも多くてびっくり!

 

悩み相談だけでなく、デートの内容などのポジティブな報告も、

 

「ノロケだと思われそうで、友達には言いづらい」(高2女子・千葉)

 

とのこと。嫉妬や偏見をもたず、相手の幸せや悩みを自分のことのように受け止められるのは、親友ならではなのかも。

 

ツライ時こそそばにいて、一緒に乗り越えてくれる!

 

・「私の機嫌が悪い時でもそばにいて、『どうしたの?』と聞いてくれるのが親友。友達は、楽しい時しか近くにいない」(高3女子・千葉)

 

・「自分がツライ時、『助けて』って言えるかどうかが親友と友達の境界線だと思う。『今、話を聞いて欲しい』『会いたい』って、素直に頼れるのが親友」(高1女子・神奈川)

 

・「お互いに不満があってモヤモヤしてた気持ちを、思い切って長文LINEでぶつけ合ったら、スッキリして笑って乗り越えられた。あの時、友達から親友になれたと思う」(高1女子・千葉)

 

 

相手に伝えたらケンカになりそうなことでも、避けずにぶつかり合えるのも、大事な親友の条件。楽しい時に一緒に騒げる人は多いけど、ツライ時に一緒にいてくれる人こそが、心を許せる親友なのかもね。

 

ちなみに、「もしも親友と同じ人を好きになったらどうする?」という質問には、ほとんどの人が「正々堂々と闘う!」と回答。

 

信頼できる相手だからこそ、変に身を引いたりせずに勝負したいと思うみたい。

 

 

女子高生が考える“親友像”が浮き彫りになった今回の調査。

 

あなたには、親友と呼べる存在は何人いる…?

 

***

※2015年10月/リクナビ進学調べ(渋谷の路上で女子高校生25人に調査を実施)

投稿「沈黙に耐えられるか」が境界線! 今どき高校生の親友像とははリクナビ進学ジャーナル/大学・短大・専門学校や高校生に関するニュースサイトの最初に登場しました。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
進学ジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。