ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポスト又吉は誰? 次世代読書芸人が決まる”本の野外フェス”開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年、小説『火花』で芥川賞を受賞し、大ブレイクしたピースの又吉直樹さん。又吉さんのように読書好きにとどまらず、書き手としての才能も開花させたお笑い芸人は稀有な存在ですが、今や本好きの”読書芸人”が、不況にあえぐ出版界から熱視線を送られているようです。

 たとえばテレビ朝日系のお笑い番組「アメトーーク!」の本好き芸人企画「読書芸人」の放映直後には、番組内で絶賛された本が書店で売り切れ状態になったことも。普段あまり本を手に取らない人にとって書店、とくに、文芸書コーナーは足が向かないものですが、メディアに登場するお笑い芸人がオススメする本ならば読んでみよう、と購買意欲を掻き立てられた人々が続出し、新たなニーズを掘り起こすことに一役買っているのです。

 そんな中、新たな読書芸人を発掘する企画を含めたイベント「本のフェス」が、3月23日(水)、東京・北青山で初開催されます。”次の読書芸人は誰だ!? 勝手に認定「次世代の読書芸人」”と題し、若手芸人のトークライブを実施。ステージ上で、本への思いを熱く語りつくしてもらい、来場者みんなで「次世代読書芸人」を認定します。

 同フェスではその他にも、首から下げる「駅弁売り」のカゴに書籍や関連グッズを盛って売り歩く「駅弁本屋」や、狭小空間で本に没頭できる「厨子(ずし)本棚」での読書体験など複数のイベントを同時開催。さながら”本の世界の野外フェス”となりそうです。

 会場には店舗も商品も持たない「エア書店」いか文庫、ビールが飲める本屋B&Bが出展。書店と縁がない人こそ楽しめるイベントとなっています。

【関連リンク】
「本のフェス」
http://www.cpfine.com/honnofes.html 
■日時:3月23日(水)13:00~20:00
■場所:京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス(東京都港区北青山1-7-15)
■主催:本のフェス実行委員会/読売新聞社
■協力:京都造形芸術大学 ・東北芸術工科大学 外苑キャンパス

■関連記事

TSUTAYA の"目利き"が選ぶ!「今、本当にオススメしたい文庫」
ネット界だけでなく出版界もねこ頼み? 老舗誌がこぞって「ねこ雑誌」を出している
『non-no』から『婦人画報』まで…9月スタート「ToMeキャンペーン」は、史上最大の女性誌フェア

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP