ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アダム・レヴィーン、6か月費やした背中の巨大タトゥーをお披露目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 マルーン5のフロントマン、アダム・レヴィーンが新しいタトゥーを入れ、数あるコレクションに追加した。完成までになんと6か月も要したという、背中一面に入ったアーティスティックかつ巨大な作品だが、さぞかし痛かったことだろう。

 タトゥー・アーティストの巨匠、Bryan Randolphが手掛けた今回のタトゥーでは、翼のある人魚姫がドクロを抱え、その遠い後ろには海賊船が海に浮かぶエンブレムのような絵を中心に、その周りを数匹の鳥が羽ばたいている。言ってみれば、ティム・バートンと映画『リトル・マーメイド』を合わせたような世界観だろうか。

 妻でモデルのベハティ・プリンスルーが“マジメなアート”と称するアダム・レヴィーンの新しいタトゥーは、自身やRandolph、プリンスルーのインスタグラムで見ることが出来る。

◎アダム・レヴィーン インスタグラム
https://www.instagram.com/p/BCG6hhUKjRI/

◎Bryan Randolp インスタグラム
https://www.instagram.com/p/BCI2xGfJymT/

◎ベハティ・プリンスルー インスタグラム
https://www.instagram.com/p/BCHnkzPwlhS/

関連記事リンク(外部サイト)

ディアンジェロ 横浜公演が完売&来日メンバー発表、世界初CD化音源入りの来日記念盤リリース
【米ビルボード・シングル・チャート】リアーナが通算14曲目の首位獲得、人気急上昇中のDNCEがTOP10入り
【米ビルボード・アルバム・チャート】グラミー出演でアデルが1位に返り咲き!ジャスティン・ビーバーも2位に再浮上

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。