ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スイーツの力で、失恋を「甘い思い出」に変えるプロジェクトって?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

辛く悲しい失恋。そんな苦い記憶も、ニューヨーク在住のデザイナーIsabella Giancarlo氏の手にかかれば“甘い思い出”に大変身!

その方法は単純明快。別れた彼へのメッセージを、ケーキやタルトなどの甘〜いお菓子に描き、それをパクッと飲み込んでしまうもの。友人と一緒に笑いながら食べれば、失恋なんて忘れられるかも!?

メッセージの内容は
“甘くない”けれど…

これは「Eat Your Heart Out」と名付けられたプロジェクト。意味するところは、「イイ女なのに、悔やんでも知らないわよ」といったところでしょうか。

とはいえ、実際にお菓子に描かれたメッセージは意外と“重たい”もの。食べるのはスイーツなのに、言葉はまったく甘くないというギャップも魅力!?

「友達でいられるはずよね」

「あなたが悪いんじゃない」

「ごめんなさい…」

「私のところへ帰ってきて」

「またね」

「あなたのこと、好きだったわけじゃないから」

「私たちの恋愛に輝きなんてなかったわよね」

「傷ついたわ…」

「1年経てば、また会えるといいな」

彼女の取り組みに賛同する人は、ぜひInstagramアカウントもチェックしてみて!

Licensed material used with permission by Isabella Giancarlo

関連記事リンク(外部サイト)

遠距離恋愛のカップルが、一緒に食事できるレストラン(動画あり)
【イラスト】効率の良い「腹筋の鍛え方」が、Twitterで大人気
これぞデザインの力!人とぶつからない「横断歩道」が話題に

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP