ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるでSF・・・小型ジェットエンジンで空を飛べる時代がついに!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1984年のロサンゼルス五輪が思い出される、背負い型のジェットパック。「ついに実用化か!?」というニュースが定期的に話題になりますが、イメージよりもだいぶ大きかったり、椅子のような見た目だったりと、まだまだ開発には時間がかかりそう…と思わされることもしばしば。

でも、この動画に出てくる、JPA(JetPack Aviation)社のJB-9は、思わず「そうそうコレ!」と言いたくなるほど、見事にイメージ通りなんです。

ランドセルサイズのジェットパックで、いざ!

さぁ、緊張の瞬間です。果たして無事に飛ぶことができるのでしょうか?

う、浮いた! 「JB-9」の性能を十分に発揮するため、あえて湖上に向かいます。もちろん、命綱などナシ。

これはスゴイ…水しぶきを上げながらの見事な飛行。しかもかなりのスピード!

空中での停止も、ご覧の通りの安定感。垂直の離着陸はもちろん、迅速に数千フィートまでパイロットを浮上させてくれます。

さらに驚くべきは「車のトランクに収まる」というほどの、小型(しかも軽量!)な仕上がり。JPA社が「JB-9は世界で唯一、真実のジェットパックだ」と豪語するのも納得です。

同社は、すでに次世代モデル「JB-10」の開発テストも進めており、1万フィート(約3,000m)以上の浮上や時速100マイル(約160km)、10分以上の持続飛行を実現しているとのこと。25年以上にわたって、ひたすらジェットパックの開発に取り組んできた彼らの情熱が、私たちに大きな夢を与えてくれますね!

Licensed material used with permission by JetPack Aviation

関連記事リンク(外部サイト)

たたんで運べる!折り紙みたいな「カヤック」
低コストで大量の電力を生み出す!「羽のない風力発電機」が世界を変えるかもしれない…
飲み込むだけでOK!体内環境をスマホでチェックできる「スマートピル」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP