体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「伝え方が9割」の著者が教える「ノーをイエスに変える技術」 7つの切り口で「相手の頭の中」を見抜く

生活・趣味
「伝え方が9割」の著者が教える「ノーをイエスに変える技術」 7つの切り口で「相手の頭の中」を見抜く

就活やビジネスには「コミュ力」が大事といわれる。人間が協力して行う仕事にはコミュニケーションが欠かせないが、中でも重要とされているのが、自分の考えや意思を相手にうまく知らしめる「伝え方」のスキルだ。

この分野のベストセラーといえばシリーズ累計売上85万部を誇る「伝え方が9割」(ダイヤモンド社)だが、その著者である佐々木圭一さんが2月17日、東京・千代田区の野村不動産の新築オフィスビルPMO平河町で開催された「PMO FORUM 2016」で「『ノー』を『イエス』に変える技術」についてセミナーを実施した。
伝えることが苦手だったから「技術」に気づいた

現在はコピーライターとして活躍する佐々木さんだが、もともとは伝えることに対して苦手意識があったという。新入社員のころにはコピーの企画を100個出しても一瞬でダメ出しをされ、ストレスを溜めた時期もあった。

そんなときでも映画や広告などで目にした、いいと思った言葉をノートにメモしていくうちに、心を動かす言葉には法則があることに気付いたという。大学院で機械工学を学んだ佐々木さんならでは、エンジニア感覚かもしれない。

「伝え方は一般的にセンスと思われ、上達のしようがないと思われがちですが、技術的に伸ばすことができます」

佐々木さんによると、人は1日に22回ほどお願いをしているという。その中で1つでも「ノー」を「イエス」に変えることができれば、年間365回。佐々木さんは「人生は変わります」と話す。

では、どうすればそんなことが可能なのか。自分の願いを叶えるためには、自分のお願いをそのまま言葉にしては、押しつけがましくなってしまう。そこで重要なのが、次の3ステップを踏むことだ。

1.自分の頭の中をそのままコトバにしない
2.相手の頭の中を想像する
3.相手のメリットと一致するお願いをつくる

「二者択一」にすると、嫌なことでも相手に選ばせやすい

たとえば「レポートの提出延期してくれませんか」とそのままお願いをしても、断られてしまう可能性が高い。しかし3ステップによって相手が質の高いものを求めていると想像し、「クオリティ上げたいので、粘ることできませんか」とお願いすれば、イエスと言われる確率があがるのだ。

それと同時に、相手にポジティブな印象まで与えることができる。3ステップの中で特に難しいのが「相手の頭の中を想像する」という部分だが、そのときに役に立つのが「7つの切り口」だという。

1.相手の好きなこと/2.嫌いなこと回避/3.選択の自由/4.認められたい欲/5.あなた限定/6.チームワーク化/7.感謝

この中でも、応用が利きやすいのが「選択の自由」。佐々木さん自身、良いコピーが出来たと思ったとき、1つだけでは提案せず、他のコピーも併せて持っていくという。1つでは断られてしまっても、2つだと採用される確率がグッと上がるそうだ。

1 2次のページ
キャリコネの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会