ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

腸だけじゃない! ベビースキンを手に入れるには皮膚フローラも重要

DATE:
  • ガジェット通信を≫

美容や健康のために「腸内フローラ」が重要であることはよく知られるようになりました。実は腸だけではなく、皮膚にも「皮膚フローラ」があり、肌を守っているということをご存知でしょうか。除菌のし過ぎで皮膚フローラが崩壊していると皮膚科医が注意を促しています。

フローラとは常在菌の集合体

話題になった腸内フローラ。これは人間の腸内に1000兆も生息するといわれる細菌が、まるでお花畑(フローラ)のようにそれぞれ集落を作っている様子から言われるもの。腸内フローラ間の細菌の綿密な連携によって、免疫をアップしたり病原菌を排除したりしているのです。このように常に体内に存在して体を守ってくれる働きがある細菌を常在菌といい、個人個人でその細菌の種類や形成しているフローラは違ってきます。このフローラが崩れると、体調を崩したり体の老化が早まったりといった弊害が出てきます。

皮膚にもフローラがあるなんて!

腸内だけではなく、皮膚表面や皮脂腺にも常在菌が存在しています。アクネ菌が有名で、ニキビの原因となるため悪玉菌のように思われがちですが、健康な肌にはなくてはならない善玉菌なんです。ほかに環境によって善玉菌にも悪玉菌にもなる中間菌の緑膿菌、炎症を起こす黄色ブドウ球菌などの悪玉菌が皮膚上で共生し、密接な関係を保ちながら肌質を決める大切な役割をしているのです。これらのバランスが崩れると、肌バリア機能が失われて肌トラブルを引き起こします。

殺菌し過ぎた結果どうなるの?

近年増え続けているアトピー性皮膚炎や敏感肌は、洗い過ぎ・殺菌し過ぎの結果だと警告する皮膚科医が多くいます。事実、毎日入浴できないような貧困地域や入浴する習慣のない地域ではアトピー性皮膚炎は起こらないそうです。皮脂汚れなどの皮膚上の汚れは、ぬるま湯で8割が落ちるといわれています。それを洗浄力の高いソープで毎日ゴシゴシ洗っては、皮脂だけではなく常在菌まで洗い流してしまうのです。その結果、いくら保湿をしても肌バリアが壊れた状態になり、肌トラブルになってしまいます。常在菌の働きで生成される天然の皮脂や保湿因子を壊さないためにも、肌の洗い方を見直す必要がありそうです。少なくとも石鹸やボディソープ、クレンジング剤の使用量や使用頻度は見直すと良いでしょう。究極の美肌を手に入れるために必要なことは、洗い過ぎをやめて、何もつけないことかもしれません。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP