ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、容量256GBのUFSストレージの量産を開始、既存の128GB版から性能も向上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung は 2 月 25 日、モバイルデバイス向けのフラッシュメモリ「Universal Flash Storage(UFS)」の 256GB 版の量産開始を発表しました。Samsung の UFS ストレージは 128GB 版がこれまでの最大容量でしたが、その 2 倍に当たる 256GB の量産が開始されることになり、これをスマートフォン・タブレットで採用した場合は、従来よりも大容量の内蔵ストレージを提供できるようになります。UFS ストレージはシリアルインタフェースと全二重でのデータ転送を採用しており、従来の eMMC フラッシュメモリよりも高速に動作します。そのため、最近のハイエンドモデルは UFS ストレージの採用が増えてきています。ストレージの性能はプロセッサや RAM と同じレベルでシステム性能の良し悪しに直接影響を与えます。今回の 256GB UFS ストレージは、2 つの UFS のデータ転送レーンを設けたことにより、シーケンシャルなリード性能は既存の 128GB 版の 2 倍となる 850MB/s を達成。また、シーケンシャルなライト性能では、一般的な Micro SD カードよりも約 3 倍高い 260MB/s を達成したそうです。ファイルサイズは示されていませんが ストレージの性能を示す I/O 性能では 128GB 版の 19,000 / 14,000 IO/s(リード / ライト)よりも 2 倍高い 45,000 / 40,000 IO/s を達成したそうです。Source : Samsung

■関連記事
MWC 2016 : Jolla、Sailfish OSスマートフォンの新型「Aqua Fish」を発表
DMM mobile、好きなタイミングでMNP手続きが行えるMNP転入サービス「おうちで乗り換え(MNP)」を開始
カシオ、スマートフォンとの連携を強化したコンデジ新モデル「EXILIM EX-ZR310」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP