ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

突然の骨折!応急処置の方法が知りたい!

  • ガジェット通信を≫


夏のレジャー、冬の凍った路面など、滑って転んで骨折する危険性は一年中あります。今回は急な骨折をしてしまった時の応急処置を医師に解説していただきました。

1. まずクーリング!(冷やすこと)

氷を入れたビニール袋(あれば氷のう)で冷やします。タオルにくるんで当てるようにしましょう。直接当てると凍傷を引き起こしたりする可能性があります。保冷剤やアイスノンなどもあれば活用しましょう。

2. 心臓より患部を高く挙げて、安静にする

心臓よりも上にあげることで腫れを抑えることができます。これは可能であれば行うようにし、無理に行う必要はありません。また、骨折の悪化を防ぐためには安静が必要です。

3. 添え木をあてて固定する

添え木(この場合、患部をまっすぐ保持できるものであればなんでも可。ダンボールを適当な長さに切って重ねて当てたり、新聞紙を折って使ったりすることも出来ます)をあてて、包帯や布で固定しましょう。

骨折部を安静に保てるため、痛みの軽減に役立ちます。 添え木を当てる時は、きつくならないように注意が必要です。(きつくしばると、患部の血流を妨げてしまう危険があります)

4. 三角巾を使用する

受傷部位が肩、肘、腕の場合は三角巾で支えます。三角筋がない場合はスカーフやテーブルクロスなど適当な布を代用にします。腕をつって支え、患部の負荷を軽くします。

応急処置の後はすぐに整形外科へ

なるべく早く整形外科を受診するか、救急車を呼びましょう。折れた骨が傷口から見えているような開放骨折や、高所からの落下などで骨盤など大きな骨折が予想される場合、呼吸が早い、意識がないなど全身状態に変化のある場合はすぐに救急車を呼びましょう。専門的な骨折治療が必要です。

開放骨折は受傷してから8時間以内に治療を受けることで、治癒率が上昇します。一刻も早く整形外科医のいる病院に運ぶことが必要です。

骨折時にやってはいけないことは?

突き指かな?と思って受傷部位を引っ張ってしまうのが一番やってはいけないことです。引っ張ってみたけど、痛みが強くて整形外科を受診したところ、骨折していて、その後、指が変形してしまったという方もいるため気をつけましょう。

【医師からのアドバイス】

骨折のみならず、捻挫や突き指の最初の処置はクーリングです。まず冷却を開始して安静、それから整形外科を受診するか、救急車を呼ぶか考えましょう。ただし、開放骨折や受傷部位が大きい場合、全身状態が良くない場合は即救急車を呼びましょう。

誰にでも骨折する可能性はあります。 応急処置とその後の対応を覚えておきましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

温める or 冷やす?”突き指”をした時の正しい対処法。
歳をとると腰が曲がる。これってなぜ?
《医師に聞く》女子プロ凄惨マッチ。顔面骨折による後遺症は?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP