ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

LG、Optimus Oneの米Sprintモデル「Optimus S」をGignerbreadにバージョンアップ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米SprintがLGのエントリー向けAndroidスマートフォン「Optimus S」にAndroid 2.3(Gingerbread)へのバージョンアップを含むソフトウェアアップデートの配信を開始したと発表しました。Optimus Sは、Optimus Oneとして米国外で販売されている端末です。昨年12月にGingerbreadが発表された直後、LGはOptimus OneへのGingerbreadの適用について、GingerbreadのCPU要件により提供されないだろうとFacebookで発言していたことで、米国キャリア向けのOptimus One全モデルはバージョンアップされないのではないかと一時話題となっていました。LGはその後、Facebookでの発言を撤回しプレスリリースを通じてバージョンアップする予定だと案内しました。その発言から9ヵ月・・・、ようやくバージョンアップされます。アップデートにおける主な変更内容は以下の通り。OSのバージョンアップによる変更がメインのようです。今回はOptimus Sの話ですが、他の米国モデルも近いうちにバージョンアップされることが期待されます。

Android 2.3 (Gingerbread) Volume adjustment from handset when backlight is off and in a Bluetooth call Initiation of a 3-way call in certain markets Updated color scheme (includesdarker notification bar and black-based menus) New on-screen keyboard (supports multi-touch input and a  smart auto-correction function) Improved cut-paste functionality New integrated download application for ease in accessing downloaded files Updated camera application Power management and task killer applications

Source : Sprint


(juggly.cn)記事関連リンク
Pantechの米国向けLTEスマートフォン「Breakout」は9月22日発売か、スペックシートがリーク
Qualcommの次世代Snapdragon搭載製品を来年のMWCで見られるかもしれない
韓国LG U+、HD解像度の4.5インチディスプレイを搭載するLTEスマートフォンのティーザーサイトを公開、今月26日より予約開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。