体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【転職したい!】トレンドに敏感、センス抜群のあなたがチャレンジすべきお仕事10選 ~現役先輩のクチコミつき~

「今の仕事も悪くは無いけれど…どうせなら、もっと自分が『好き』って思えることを仕事にしたい!だけど…実際どんな仕事があるの?」

そんなあなたの為に、編集部厳選のおススメ職種をご紹介。

今回は、「トレンドに敏感、センス抜群のあなた」へ向けた10選をお届け!

ジュエリーデザイナー

f:id:keimanahensyu:20160217214053j:plain

宝石の持ち味を活かしてデザイン

金、銀、プラチナや宝石を使い、指輪やネックレスなどのアクセサリーをデザイン。古いアクセサリーのリフォームを手がける人もいる。

●センスはどう活かす?

宝石などの持ち味を活かし、斬新で、かつ顧客に似合うデザインに仕上げる。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

アクセサリーが好きで、ビーズアクセサリー作りが趣味でした。好きな道へ進もうとこの世界へ。(前職:事務職)

パタンナー

f:id:keimanahensyu:20160217214217j:plain

洋服づくりの型紙を起こす

デザイナーが描くデザイン画は、服のイメージ。ここから洋服を作るために必要な型紙(パターン)を起こし、サンプルを縫製する。

●センスはどう活かす?

パタンナーのスキルとセンスで、デザイナーのイメージどおりの服に仕上げていく。使う生地などを決めるのも仕事。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

服が好きで販売員をしていた私。私も作りたいと思うようになったころ、服作りの現場で働く人と出会い、この仕事に興味をもちました。(前職:販売職)

スタイリスト

f:id:keimanahensyu:20160217214233j:plain

洋服などをコーディネート

雑誌やテレビ番組などの撮影の際、出演者やモデルのファッションをコーディネート。必要な洋服と小物類を集めてスタイリング。

●センスはどう活かす?

クライアントの企画意図に合った衣装を揃えてスタンバイ。ファッションアイテム全般の知識が活かされる。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

洋服などをコーディネート幼いころから洋服を選んだり、小物使いを工夫することが大好きで、憧れの職業だったんです。その夢を実現しようと決断!(前職:事務職)

バッグデザイナー

おしゃれなカバンを作る

バッグの新製品を企画立案し、デザイン画を起こす。布や皮革などの素材や、色を選び、製品化のためのサンプルを作るのも仕事。

●センスはどう活かす?

機能性や、ターゲットの年齢層などを考えながらデザイン。そんななかでどうオリジナリティを出すかがポイント。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

モノ作りの仕事がしたいと思い、情報収集をしていたときに出会った職種。在宅ワークが可能で、主婦業と両立できると決断しました。(前職:事務職)

靴デザイナー

履き心地のいい靴を作る

流行やニーズに合う靴をデザイン。色や形などファッション性とともに、長時間履いても疲れないなどの機能性を盛り込むことも大切。

●センスはどう活かす?

1 2次のページ
ケイマナニュース!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。