ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【転職したい!】トレンドに敏感、センス抜群のあなたがチャレンジすべきお仕事10選 ~現役先輩のクチコミつき~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「今の仕事も悪くは無いけれど…どうせなら、もっと自分が『好き』って思えることを仕事にしたい!だけど…実際どんな仕事があるの?」

そんなあなたの為に、編集部厳選のおススメ職種をご紹介。

今回は、「トレンドに敏感、センス抜群のあなた」へ向けた10選をお届け!

ジュエリーデザイナー


宝石の持ち味を活かしてデザイン

金、銀、プラチナや宝石を使い、指輪やネックレスなどのアクセサリーをデザイン。古いアクセサリーのリフォームを手がける人もいる。

●センスはどう活かす?

宝石などの持ち味を活かし、斬新で、かつ顧客に似合うデザインに仕上げる。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

アクセサリーが好きで、ビーズアクセサリー作りが趣味でした。好きな道へ進もうとこの世界へ。(前職:事務職)

パタンナー


洋服づくりの型紙を起こす

デザイナーが描くデザイン画は、服のイメージ。ここから洋服を作るために必要な型紙(パターン)を起こし、サンプルを縫製する。

●センスはどう活かす?

パタンナーのスキルとセンスで、デザイナーのイメージどおりの服に仕上げていく。使う生地などを決めるのも仕事。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

服が好きで販売員をしていた私。私も作りたいと思うようになったころ、服作りの現場で働く人と出会い、この仕事に興味をもちました。(前職:販売職)

スタイリスト


洋服などをコーディネート

雑誌やテレビ番組などの撮影の際、出演者やモデルのファッションをコーディネート。必要な洋服と小物類を集めてスタイリング。

●センスはどう活かす?

クライアントの企画意図に合った衣装を揃えてスタンバイ。ファッションアイテム全般の知識が活かされる。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

洋服などをコーディネート幼いころから洋服を選んだり、小物使いを工夫することが大好きで、憧れの職業だったんです。その夢を実現しようと決断!(前職:事務職)

バッグデザイナー

おしゃれなカバンを作る

バッグの新製品を企画立案し、デザイン画を起こす。布や皮革などの素材や、色を選び、製品化のためのサンプルを作るのも仕事。

●センスはどう活かす?

機能性や、ターゲットの年齢層などを考えながらデザイン。そんななかでどうオリジナリティを出すかがポイント。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

モノ作りの仕事がしたいと思い、情報収集をしていたときに出会った職種。在宅ワークが可能で、主婦業と両立できると決断しました。(前職:事務職)

靴デザイナー

履き心地のいい靴を作る

流行やニーズに合う靴をデザイン。色や形などファッション性とともに、長時間履いても疲れないなどの機能性を盛り込むことも大切。

●センスはどう活かす?

足の骨格やつま先の動きなど、細かいことにこだわりながら、おしゃれで履き心地のいい靴をデザインする。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

靴職人の工房を見学したのがきっかけです。靴底まで手縫いしていることに衝撃を受け、靴作りの仕事への興味が募っていきました。(前職:学生)

雑貨 コーディネーター

雑貨の流行のカギを握る

食器、リビング用品などの雑貨を扱うショップで活躍。商品企画や仕入れ、ディスプレイの提案など、店づくりの重要な業務にかかわる。

●センスはどう活かす?

雑貨店は品揃えが命。「はやりそうなもの」をいち早く感じ取って、魅力ある商品と仕入先を発掘する。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

好きな仕事で夢中になりたいと思っていたとき、雑誌でこの仕事のことを知りました。雑貨店めぐりが趣味の私にぴったりと思いました。(前職:事務職)

パティシエ

斬新なスイーツで流行を作る

ケーキやデザートなど洋菓子専門の菓子職人。新しい洋菓子を考えるのも仕事で、一歩先のスイーツを考案して流行の発信人にもなる。

●センスはどう活かす?

洋菓子作りは、味はもちろん、見た目の美しさにこだわることも重要ポイント。美的センスが活かされる。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

スイーツ好きが高じてお菓子教室へ。いろいろなお菓子を作れるようになるにつれ、これを本業にしたいと思うようになりました。(前職:銀行員)

フードコーディネーター

「食」の最新情報を発信

雑誌の料理特集や、テレビ番組の食の場面の撮影現場で活躍。調理から器選び、盛り付け、テーブルコーディネートまで担当する。

●センスはどう活かす?

料理がおいしそうに見えるように演出。テーマを考慮しながらも新しい食材や、はやりそうな食器を取り入れる。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

前職は、老人福祉施設の給食を作る仕事。もっと幅広い場面で「おいしく楽しい食事」を提供するような仕事をしたくなり、転身。(前職:調理師)

店舗プロデュース

新しいお店を世に出す!

お客様の心をつかむ店舗を企画し、世に出す。飲食店や雑貨店など、店舗デザインの設計から商品構成の提案、販売戦略まで携わる。

●センスはどう活かす?

魅力的な店にするために何が必要なのかを感じ取り、美的センスも駆使。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

旅先のスペインでその街並みに感動。自分も人が集う空間作りに携わってみたいと、決心しました。(前職:学生)

映像 翻訳家

海外のヒット作を日本に紹介

海外のテレビ番組や映画などの映像を翻訳し、字幕や吹き替えのための原稿を作る。海外の最新ヒットドラマなどを日本に紹介する。

●センスはどう活かす?

映像に合わせて短い言葉で翻訳。表現力など、言葉のセンスが発揮される。

●先輩に聞く!仕事を選んだ理由は?

友人が映像翻訳者だったんです。在宅で働けて、自分で仕事時間が決められるのが魅力的でした。(前職:学生)

毎日24時間のうち、1/2~1/3は仕事をしている時間と考えると、やっぱり自分が「好き」と思えることを仕事にしたいもの。

今回は、「トレンドやセンスにまつわるお仕事」を紹介しましたが、気になるお仕事は見つかりましたか?

たった一度の人生、自分が本当にやりたいことを仕事にできたらいいですよね!

構成/ケイコとマナブ編集部 取材・文/小林裕子(小林編集事務所)

※この記事は2016年1月時点での情報です

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP