ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポルトガル・リスボンで絶対行くべきおすすめ観光スポット12選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Bartosz Frączek「Lisbon,Portugal」

こんにちは! TRiPORTライターのkomiです。
ポルトガルの首都、リスボン。テージョ川河口の丘に囲まれているため、7つの丘の街とも呼ばれています。リスボンを一望できる古城、若者や観光客で賑わうパブストリート、アートギャラリーや高級レストランもありますよ。
キュートなフォルムのトラムやケーブルカーを上手に使えば、お得に楽ちんに旅を楽しめます! 
今回は歴史の奥深さと、最先端の流行が混在する都市リスボンのおすすめスポットをご紹介します。地区ごとの魅力もたっぷりご紹介しますので、自分にぴったりな場所をみつけてくださいね。

ポルトガルの首都・リスボンとは?

ポルトガルの首都で同国最大の都市である。市域人口は547,631人を擁し、市域面積は84.8 km2に過ぎないが、そのぶん高い人口密度を保持している。リスボンの都市的地域は行政区としての市域を越えて広がっており、人口は300万人を超え、面積は958 km2を占めており、欧州連合域内では11番目に大きな都市圏を形成している。約3,035,000人の人々が、リスボン都市圏に暮らし、ポルトガルの全人口の約27%を占めている。リスボンはヨーロッパの大都市では最も西にある都市であると同時に、ヨーロッパの中で最も西側に位置する政府首都でもある。
出典:リスボン-Wikipediaより

<バイシャ地区>
「バイシャ」とは、低地という意味で、バイロ地区とアルファマ地区の丘の間にあります。1755年に起こったリスボン地震後に再開発され、現在のメインストリートは碁盤目場の特徴的なデザインに作り直されました。
また商店街やお土産屋、レストランなどが多い地区なので、ひとやすみしたいときにおすすめです。

1. サンタ・ジュスタのエレベーター

Photo credit: 林充子「ユーラシア最西端 ポルトガル 〜 リスボン、シントラ」

街なかに堂々と建っている45mの巨大な塔。こちらはバイシャ地区とシアード地区を結ぶためのエレベーターです。エッフェル塔の設計者ギュスター・エッフェルの弟子であるポンサルドによって、設計されました。
クラシカルで情緒溢れるリスボンの街を一望でき、絶景に出会える大人気スポット。このエレベーターに乗るため、世界中から多くの観光客が訪れます。

サンタ・ジュスタのエレベーター(Elevador De Santa Justa)
住所:Rua do Ouro, Lisboa
電話番号:(213)-613-000
営業時間:7:00〜23:00
料金:大人 €5 ※往復、片道のみも同料金

2. コメルシオ広場

Photo credit: Keita「サンティアゴデコンポステーラヘの道」

約200m四方の広場で、リスボンの海の玄関口と言われるテージョ川に面しています。リスボン大震災以前には、ポルトガルの黄金期を築いた功績を持つマヌエル1世の王宮が建っていました。そのため、市民には「テレイロ・パソ(宮殿公園)」という名でも親しまれています。

コメルシオ広場(Praca Do Comercio)
住所:Praca Do Comercio, Lisboa
営業時間:24時間開放
料金:無料

<バイロ・アルト地区>
「高地」という意味のバイロ・アルト地区。昼間は閑静な住宅街ですが、夜になるとパブやバー、レストランが続々とオープンして一気に賑やかな雰囲気へと変わります。
観光客だけでなく、地元の若者もたくさん集まってきますよ。流行の発信地として知られ、ハイセンスなショップが多く並びます。おしゃれなショッピングを楽しむのに、おすすめしたい地区です。

3. サン・ロケ教会


"Lisbon Portugal 185 Igreja de São Roque" (CC BY-SA 2.0) by  David Holt London 

1584年に日本から派遣された天正遣欧使節団が、1ヶ月滞在したといわれるイエズス会の教会です。
教会の奥にある「サン・ジョアン・バプティスタ礼拝堂」は、めのう、瑠璃、モザイクなどで繊細に装飾され、その美しさはイタリア・バロック芸術の傑作としても広く知られています。

サン・ロケ教会(Igreja São Roque)
住所:Largo Trindade Coelho Lisboa
電話番号:(213)-235-383
営業時間:10:00〜18:00
料金:無料

4. サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台


"Miradouro de São Pedro de Alcantara" (CC) by  Bernt Rostad 

テージョ川からリスボンのシンボル、サン・ジョルジェ城までを一気に見渡すことができる展望台です。夕日が落ちる時間帯に登るとオレンジ色に染まるリスボンの街を眺めることができ、その美しさに見惚れてしまうこと間違いなし。
カフェもあるので、ゆっくりと美味しいお茶を味わいながら景色を楽しみましょう。

サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台(Miradouro De Sao Pedro De Alcantara)
住所:Rua De Sao Pedro De Alcantara, Lisboa
料金:無料

<アルファマ地区>
リスボン地震の被害を免れ、昔のリスボンの姿が色濃く残っている地区です。細い道が何本も入り組み、まるで迷路のなかにいるようです。
細い通りにはいくつものカフェやレストランがあり、のんびりとした雰囲気はとても心地良いですよ。サン・ジョルジェ城などの歴史的建造物も多く残されており、ありのままのリスボンに触れたい方におすすめです。

5. サント・アントニオ教会

Photo credit: Miss Quarrel [2] (Flickr [1]) [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

縁結びの教会として広く知られ、多くのカップルたちが訪れる人気スポットです。12世紀末に実在したリスボンの守護聖人、サント・アントニオが生まれた神聖な場所に建っており、教会前には彼の像が置かれています。
毎年6/12〜6/13には聖人祭が行われ、盛大なパレードが催されます。この聖人祭の日には、思いを寄せる相手に気持ちを伝えるという風習があるそうです。大切な人とぜひ、訪れてみてくださいね。

サント・アントニオ教会(Igreja De Santo Antonio)
住所:Rua Das Pedras Negras 1, Lisboa
電話番号:(218)-869-145
営業時間:8:00〜19:00
料金:無料
ホームページ:http://santo-antonio.webnode.pt/

6. サン・ジョルジェ城

Photo credit: Keita「サンティアゴデコンポステーラヘの道」

古代ローマ時代に建てられたこの城は、リスボン東部の丘に建っています。現在、城内は公園として開放されており、なかの様子を自由に見て回れます。
サン・ジョルジェ城から見下ろすリスボンの街は格別な美しさを誇ると有名で、多くの観光客がその風景をひと目見ようと訪れます。

サン・ジョルジェ城(Castelo De Sao Jorge)
電話番号:Rua de Santa Cruz do Castelo, Lisboa
営業時間:(3月〜10月)9:00〜21:00(11月〜2月)9:00〜18:00
料金:大人 €7.50、シニア(66歳以上) €4、子ども(10歳未満) 無料
ホームページ:http://castelodesaojorge.pt/

<ベレン地区と市西部>
ジェロモニス修道院とベレンの塔、2つの世界遺産があるベレン地区はリスボン中心地の西側に位置します。
大航海時代の記念碑である発見のモニュメントがあったり、ベレン名物のパステル・デ・ナタの名店があったりと、見どころたっぷり。グルメと歴史に触れたい方はぜひ、ベレン地区へ。

7. ジェロニモス修道院

Photo credit: Keita「サンティアゴデコンポステーラヘの道」

マヌエル1世が、ヴァスコ・ダ・ガマの海外遠征によって得た財産を費やして建設した修道院です。
その豪華で贅沢な外観から、16世紀のポルトガルがいかに栄華を誇っていたかを感じることができます。16世紀初めに建設が開始され、完成したのは19世紀。およそ300年の期間をかけて、完成しました。

ジェロニモス修道院(Mosteiro Dos Jeronimos)
住所:Praca Do Imperio, Lisboa
電話番号:(213)-620-034
営業時間:(5/1〜9/30)10:00〜18:30(10/1〜4/30)10:00〜17:30 ※入場は閉館時間30分前まで
休日:月曜日、1/1、5/1、12/25、イースター
料金:大人 €7、子ども(14歳未満) 無料
ホームページ:http://www.mosteirojeronimos.pt/pt/index.php

8. パステイス・デ・ベレン

Photo credit: Satoshi Takamura「ポルトガル(リスボン)」

ポルトガル名物のパステル・デ・ナタと呼ばれるエッグ・タルト。国民に愛されるおやつで、絶大な人気を誇ります。パステル・デ・ナタの名店と評判なのが、こちらのお店です。
パリパリッとした表面と、なかに入っている濃厚でまろやかなクリームの相性は抜群です。リスボンを訪れたなら、絶対に食べるべき絶品のスイーツです!

パステイス・デ・ベレン(Pasteis De Belem)
住所:Rua De Belem 84-92, Lisboa
電話番号:(213)-637-423
営業時間:8:00〜23:00
ホームページ:http://pasteisdebelem.pt/

9. 発見のモニュメント

Photo credit: Keita「サンティアゴデコンポステーラヘの道」

1960年に、エンリケ航海王子の没後500年を記念して建てられたモニュメントです。ヴァスコ・ダ・ガマが旅立った場所として知られるテージョ川岬に建てられました。高さ52mを誇る巨大さで、ヴァスコ・ダ・ガマや32人の航海に関わった偉人たちの姿が彫られています。

発見のモニュメント(Padrao Dos Descobrimentos)
住所:Av. Brasilia 1400-038, Lisbon
電話番号:(0213)-031-950
営業時間:(5/1〜9/30)10:00〜19:00(10/1〜4/30)10:00〜18:00 ※入場は閉館時間30分前まで
料金:€2.50

10. ベレンの塔

Photo credit: Keita「サンティアゴデコンポステーラヘの道」

青い空に映える白いベレンの塔は、繊細で美しい彫刻が彫り込まれています。ベレン港を見張る監視砦として建てられたベレンの塔には、砲台が備え付けられているなど大航海時代の面影を感じることができます。
ヴァスコ・ダ・ガマやほかにも多くの航海士たちが、ベレンの塔に見送られて旅立ったと言われています。夜になると塔全体がライトアップされ、とてもロマンチックな風景を見ることができますよ! 

ベレンの塔(Torre de Belem)
住所:Avenida Brasília 1400-038 Lisboa
電話番号:213-031-950
営業時間:(5月〜9月)火〜日 10:00〜18:30(10月〜4月)火〜日 10:00〜17:30 ※入場は閉館30分前まで
休日:月曜日、1/1、5/1、12/25
料金:€5、学生(要学生証提示)€2 ※日・祝日は14:00まで無料

11. 国立古美術館

Photo credit: Fulviusbsas (personal archive) [GFDL or CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

1883年に建設された、ポルトガル最大の規模を誇る美術館です。17世紀の貴族のお屋敷を利用しているため、内装も情緒があり、とてもおしゃれです。
12〜19世紀初頭、大航海時代の芸術品がとくに多く収められています。豪華な芸術品の数々をじっくりと眺め、ポルトガルの歴史に触れましょう。

国立古美術館(Museu Nacional De Arte Antiga)
住所:Rua Das Janelas Verdes, Lisboa
電話番号:(213)-912-800
営業時間:10:00〜18:00 ※火曜日のみ14:00〜18:00
休日:月曜日
料金:大人 €5、子ども €2.50、シニア €2.50

<郊外>
リスボン中心地を少し外れると、美しい自然が溢れています。壮大な海を、より一層近くで感じることができますよ。ゆっくりと自分の時間を過ごしたいときには、街を離れて郊外へ出てみるのもおすすめです。

12. ロカ岬

Photo credit: Keita「サンティアゴデコンポステーラヘの道」

ユーラシア大陸最西端であるロカ岬。こちらにはポルトガルの著名な詩人、カモンイスが詠んだ「ここに地終わり、海始まる」という詩が刻まれた塔が建っています。140mもの断崖から大海原を見下ろすと、大自然の力強さを実感することができます。

ロカ岬(Cabo da Roca)
住所:Estrada do Cabo da Roca s/n, 2705-001 Colares

行ってきました!リスボン旅行記3選

1. 「二泊三日のポルトガル*リスボンの旅」kitajima yukoさん

Photo credit: kitajima yuko「二泊三日のポルトガル*リスボンの旅」

赤い屋根が可愛らしいリスボン市街地、バイシャ・シアド地区にあるカルモ教会、サン・ジョルジェ城などいろいろな観光スポットを周っているkitajima yukoさん。広い海と美しい自然を、大満喫していますよ。
スポットについて詳しく説明されているので、これからどんなところに行こうかな? と考え中の方はぜひプランの参考にしてみてくださいね。

2. 「ヨーロッパ旅行記♡~ポルトガルのリスボンのほほん旅~」Ayako Yamagishiさん

Photo credit: Ayako Yamagishi「ヨーロッパ旅行記♡~ポルトガルのリスボンのほほん旅~」

最果ての地と言われるロカ岬やヴァスコ・ダ・ガマ橋など、絶景ポイントを巡っているAyako Yamagishiさん。天気もよく、素晴らしい景色の写真がたくさん収められていますよ。リスボン軍事博物館など、歴史に触れる場所も訪れていて、魅力的な情報がたっぷり詰まったログブックです。
教会やお城など、ロマンチックな雰囲気を満喫できるスポットも楽しんでいる様子がしっかり伝わってきます。

3. 「ポルトガル・首都リスボンへ~素敵なアズレージョに会えた4泊5日の旅~」MORI SHIZUKUさん

Photo credit: MORI SHIZUKU「ポルトガル・首都リスボンへ~素敵なアズレージョに会えた4泊5日の旅~」

リスボンの美しい青い絵のタイル「アズレージョ」を見たい! と元気いっぱいに旅行をしているMORI SHIZUKUさん。歴史的な建造物やモニュメントを巡ったり、綺麗な夜景を見たり、いろいろな経験をしています。
ポルトガル料理のこともしっかり書かれているので、グルメに興味がある方にもおすすめですよ。読んでいるだけで、とても楽しい気分になれるログブックです。

おわりに

ポルトガルの首都、リスボンのおすすめ観光スポットについてご紹介しました。情緒溢れる街並みがとても素敵でしたね。地区によってもさまざまな魅力があり、観光するのが楽しみになります。トラムやケーブルカーに乗って、のんびりとした旅行を楽しんでくださいね。
ぜひ次回の旅行は、リスボンを自由気ままに歩いてみてはいかがでしょうか?

ライター: Ayaka Komiyama
Photo by: Bartosz Frączek「Lisbon,Portugal」

関連旅行記

*Takeo Ikeda「ポルトガルの旅! リスボンの歴史的街並みを散策」
*Yusuke Saito「いつでもとにかくカフェに行く!そんなノリがいいポルトガルではたくさんの友達が出来ました。〜世界一周おふくろの味巡りの旅ポルトガル編〜」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP