ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タンスをポップにコロコロ!「越前たんす」のキャリーバッグが可愛すぎるよ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

とっても可愛い!重厚な印象の越前箪笥がポップに変身。キャリーバッグになって旅のお供にコロコロついていけるようになりましたよ。

出典: しゃかいか!

制作は福井県越前市で越前箪笥の工房を営む山口祐弘さん。建設機械メーカーの技術者を経て越前箪笥職人になった方です。

国の伝統的工芸品である越前箪笥は、ケヤキやキリなどの木材を使用し、鉄製の飾金具や漆塗りを施して作られます。その組み立てには釘を1本も使わずに「ほぞ組」する指物技法が使われているのが特徴。

出典: しゃかいか!

2014年秋に西武福井店で開催されたファッションショー向けのアイテムとして誕生したキャリー箪笥。特徴的な飾り金具は車用の塗料で可愛らしいピンクで、本体の桐材の明るい色とマッチしてます。和風なキャリー箪笥は和服姿にもよく似合いそう。

今回、市販化にあたってサイズは機内持ち込みサイズに改良。セキュリティ的に気になる引き出しにはすべて鍵をかけることができます。しっかりした作りは、ちょっと腰掛けることだってできちゃう強度。道路の段差でも傷まないよう車輪、多少の雨ならはじく塗料でお出かけも安心ですね。

出典: 朝日新聞デジタル

お出かけのキャリーバッグとしてはもちろん、家の中での普段使いにもよさそう。福井・浜町の芸妓さんは「引き出しごとに開けられる。化粧道具や唄の道具を持ち歩くのにちょうどいい」と絶賛されたそうです。たしかに、出先でちょっと開けたい時には引き出しが使い勝手よさそう。

引き出しの数や大きさ、デザインはオーダーメイド可能。重さは
9kgですが、今後軽量化されるとのこと。お値段は直接販売で20〜30万円。

via.朝日新聞デジタル, しゃかいか!

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

邪馬台国の所在地解明に進展!?卑弥呼の三角縁神獣鏡と同型の鏡が中国で発見!
日本の夏・高校野球の無料ネット中継始まる!パソコン・スマホに対応「バーチャル高校野球」
なんと砂置き場で出土!弥生時代の最古級の銅鐸7個、大量ゲットだぜ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP