体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

平原綾香、9thアルバム「LOVE」豪華アーティストが書き下ろした“恋の歌・愛の歌”を収録

平原綾香、9thアルバム「LOVE」豪華アーティストが書き下ろした“恋の歌・愛の歌”を収録

平原綾香が、4月27日に9枚目のオリジナルアルバム「LOVE」をリリースすることが決定した。

平原綾香に恋の歌、愛の歌を歌わせたいと豪華アーティストに声をかけ始めたのは、今回のアルバムのプロデューサーでもある伊藤一臣氏。デビュー以来コンサート制作を手がけてきた人物でもある。

デビューして13年目の平原綾香は、アーティスト同士の交友関係も広いが、尾崎亜美、岡本真夜から始まる伊藤氏人脈から楽曲提供が波及していき、平原本人が直接手紙をしたため依頼するという形をとっていった。

また、平原綾香の父であり、日本屈指のサックスプレイヤーである平原まことが安全地帯でプレイしていたこともあり、玉置浩二と矢萩渉には幼少の頃から可愛がってもらっていたが、時を経て、玉置浩二とは昨年、自身がホストを務める番組で共演、そして、その時に「いつか一緒に曲を作ろう!」と話していたものが、今回具現化されたという。

そして、個人的な親交もあるから提供された「鼓動」は、初めて他のアーティストに歌詞を提供した作品という、メモリアル的な楽曲でもある。川江美奈子は「平原綾香に寄り添う楽曲を!」と自身の愛蔵曲からの提供。諫山実生の楽曲は、斬新な切り口で平原綾香の魅力を引き出してくれた。

アルバムタイトルの「LOVE」は、財津とアルバム、曲のテーマをやり取りしてきた中で生まれたもので、参加したアーティストの皆との文字通りコラボレーションで一緒につくりあげた愛のあるアルバムとなっている。女性にも男性にも幅広い世代に楽しめる作品と言えそうだ。

リリース情報

アルバム「LOVE」
2016年4月27日発売

収録曲(※敬称略)
1.「マスカット」(作詞・作曲:玉置浩二) 編曲 新田雄一
2.「アリア 〜Air〜 」 (作詞・作曲:中島みゆき) 編曲 瀬尾一三
3. 「鼓動」(作詞・作曲:徳永英明) 編曲坂本昌之 ※徳永英明様の漢字表記は4P目をご確認ください
4.「真水の涙」(作詞・作曲:尾崎亜美) 編曲 坂本昌之
5. 「STAR」 (作曲:矢萩 渉/作詞:平原綾香)編曲 Nicolas Farmakalidis
6. 「She 想」(作詞・作曲:諫山実生) 編曲 Nicolas Farmakalidis
7.「未送信の恋」(作詞・作曲:岡本真夜) 編曲 坂本昌之
8. 「Song for you」 (作詞・作曲:川江美奈子) 編曲 川江美奈子
9. 「LOVE」(作詞・作曲:平原綾香) 編曲 Nicolas Farmakalidis
10.「空一面の」(作詞・作曲:財津和夫) 編曲 坂本昌之
全10曲収録 UPCH-20416 税抜3,000 / 税込3,240

アルバム「LOVE」同時リリース
ライブDVD「平原綾香 CONCERT TOUR 2015 〜Prayer〜」
2016年4月27日発売
(2DVD)UPBH-20160/1 6,800円(税込)

財津和夫コメント
 プロデューサーの伊藤さんからアルバムのテーマは「愛」だと告げられました。愛のもつ普遍性は、表現する時にやっかいです。簡単語れてしまうところがあるのでただ浅いだけの作品になってしまう危険性があります。“ふな釣り”を語るように易度も難度も高い。
 始めは、13年目に入った綾香さんの音楽人生の道程をモノローグ的な歌にしてみたいと考え、コンセプトは「足跡」でした。次に、客席に向かって歌う綾香さんのイメージを想像したとき「感謝」が加わり、私なりに今回のテーマである「愛」へと自然な図式で辿り着くことができました。
 そして、平原綾香さんはシンガーとして力も心も持った人です。ですから今回はたくさんの選択肢の中から曲調を選んで作ることができました。
 彼女に歌ってもらえる曲を提供できたことは本当に嬉しいです。「空一面の」というタイトル通り、この曲をステージで大空に羽ばたかんばかりに歌ってくれることを願います!

尾崎亜美コメント
平原綾香さんは誰かに似ていないし、誰も彼女に似ていない。
そんな彼女から曲のオファーを頂いた。
感じるままに生まれたのはネオジャパネスクな恋の歌だった。
暫くして、「こんな感じにしていいでしょうか」と、ピアノの彼女の仮歌だけのオケが送られて来た。
わたしの書いた「真水の涙」はその時すでに彼女の音楽の中にいた。

玉置浩二コメント
彼女に曲を書く日が来るとは思ってもいなかった‥彼女がまだ子供の頃に抱っこした事がある‥まるで父親のように。
マスカット“一房の、たった一粒‥彼女は産まれ持った声を理解し、天命として自らとの闘いを受け入れ‥熟すまでに成長した。
甘く”切なく”愛おしく”歌う彼女の”マスカット”にどれほどの人が救われるのだろう‥と思うと、目頭が熱くなった‥。
想いも愛も心が紡いでゆく‥人はみんな繋がっているんだ!と改めて教えられた‥ 平原綾香の歌に。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。