ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メロンパンの皮2 大型化&網目模様がついて本格的に進化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“おいしいところだけ食べたい”という意見をもとに、メロンパンの“皮”だけ焼いてみたら──そんな思いを現実にした商品が山崎製パンの『メロンパンの皮 焼いちゃいました。』だ。そして、初代(すでに販売終了)がおいしく進化したのが『メロンパンの皮 焼いちゃいました。2』(80円)。直径約9cmになり、コクのあるバター生地にメロンの風味がほのかに広がる。

 この商品が生まれたのは大阪・松原市の『山崎製パン』大阪第二工場。工場に勤める20~40代の女性陣が召集された。

「商品開発者に、経理や総務の女性も交え、女性だけでメロンパンについて話してもらったんです。すると、『皮がおいしい』『皮だけはがして食べている』という話で盛り上がり、『ほんなら皮だけ焼いてみる?』と…。女子トークから商品アイディアが生まれました。最初は関西限定でしたが、SNSで一気に広まり、1か月で生産体制を整え、異例のスピードで全国展開したんです」(山崎製パン・斉藤高志さん)

 大阪の女子トークから生まれたメロンパンの“皮”が、年間1000万個売れたらヒットという菓子パン市場で、約4000万個の売り上げを記録。味を進化させた2代目も売れ行きを伸ばし、同社の菓子パン売り上げトップの『薄皮つぶあんぱん』をはじめ、『ナイススティック』『ランチパック』に続くヒット商品に成長した。かじってみると、ほんのりメロンの香り。クッキーともパンとも違う、サクッと新食感だ。

撮影■下重修

※女性セブン2016年3月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
メロンパン 東日本ではマスクメロンに似せて西では紡錘型
大ヒット「メロンパンの皮」 地方発商品と本社の向き合い方
ランチパックの耳 大半が家畜の飼料、一部はラスクに加工

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP