ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北欧発!2本のチューブが織りなす“癒し系ほっこりクッション”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

長い冬を快適に過ごすため、北欧に暮らす人々はインドアライフが楽しくなるようなインテリアアレンジが得意。

アイスランドに生まれたUMEMIも、同様のセンスをもつデザイナーのひとりです。

幼い頃から雑貨が大好きだった彼女はある日、テディベアの脚を縫製機で製作中、長いチューブ状の布地からクッションを作ることを思いついたそうです。

先週ストックホルムで開催された「ファニチャー&ライトフェア」にて公開された「Notknot(ノットノット)」は、アイスランド・ウールから作る2本のチューブを結び合わせて作り上げた変形クッション。

コロコロ&ふかふかのクッション

カラーや結び方によってイメージが変容するのも楽しく、ソファに転がる姿はまるで“可愛らしいモンスター”のようにも見えますね。

ハンドメイドならではのあたたかさ

縫製はマシンを使っていますが、チューブのなかにクッション素材を詰めて結びあわせるのはすべて手作業なので、ひとつひとつ形が異なるところも魅力となっています。

今のところ販売に関する詳細は発表されていませんが、どうやらあのMOMA STOREが販売する初のクッションになるかも!という名誉な話もあるようなので、近々日本で手に取れることを期待しましょう。

UMEMI
http://www.umemi.com/

インテリア(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP