ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フローティング型ブラウザアプリ「Link Bubble」が「Brave Browser」に改称、新機能が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

以前まで「Link Bubble」として提供されていたフローティング型ブラウザアプリが「Brave Browser」に改称し、リニューアルされました。24 日付けでリリースされたアプリの v1.9 から「Brave Browser」に変わっています。基本的にはリブランドしただけなのですが、いつくかの新機能が追加されています。新機能は、サイトからのトラッキングを防止する機能と、広告ブロック機能です。これらはどちらもデフォルト ON の設定なので、最初から有効になっています。もちろん、設定メニューで OFF にすることも可能です。また、トラッキング防止機能を有効にしている場合でも、特定のサイトでは無効にする、ホワイトリスト機能も追加されています。「Brave Browser」(Google Play

■関連記事
LGは今年のNexusスマートフォンを作らない。LG Watch Urbane 2の後継を年内に投入へ
mixi、アイアンマンやスパイダーマンが登場する「マーベル ツムツム」をリリース
Android版Google+がv7.3にアップデート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP