ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さらさら&ドロドロの鼻水はなんのサイン?

  • ガジェット通信を≫


鼻水にはさらさらした透明のものや、黄色いどろっとしたものなど、様々な種類がありますよね。明らかに風邪を引いたり、熱があるときに出る鼻水と、そうでないときに出る鼻水など、出てくるタイミングによっても色んな種類があります。

そこで、今回は鼻水の種類とその違いについて、医師に解説していただきました。

鼻水は細菌やゴミを洗い流してくれている!

鼻水は、医学用語では鼻汁ともいいます。鼻汁は、鼻の粘膜から出る粘液を指します。鼻の中には、大気中から取り込んだ、沢山の細菌やウイルス、カビが存在しています。鼻汁はそれを洗い流すために非常に重要な役割を果たしています。

どろっとした鼻水は感染症のサイン!?

風邪のほとんどは、鼻や喉にウイルスが入り、そこで増えることで症状が出ますが、それらのウイルスを察知すると、鼻汁を増やして、体の外に追い出そうとします。それで風邪の引き始めには鼻がよく出るのですね。

さらに、ウイルスやばい菌が体の中に入り込んでしまった場合、白血球がそこにやってきて、細菌たちと戦います。その残骸は膿となるわけですが、鼻の中では、この膿が鼻汁を混じってどろっとした黄色い鼻水になります。つまり、このような鼻水は感染症の証拠です。

アレルギーの場合は大量の鼻水が!

例えば、花粉症などで、体がアレルギーを起こす物質が鼻の中に入ると、鼻は敏感に反応して、鼻汁を増加させます。大量の花粉を吸い込んだ場合は、持続的に体の外出す必要がありますから、鼻水が止まらないのですね。この場合は、薄い水のような鼻汁が大量に出て、風邪の時とはまた違います。

洗い流すことが必要ですから、かんでもかんでも止まらないのが特徴です。かみすぎると粘膜傷つけるので気をつけてくださいね。

【医師からのアドバイス】

単なる鼻水ですが、その奥にあるメカニズムは非常に複雑です。次回鼻水が出たときには、今日のことを思い返して、よく観察してみてくださいね。

関連記事リンク(外部サイト)

ずっと鼻づまりが治らない…それ鼻が歪んでいるからかも?「鼻中隔湾曲症」の症状と対策法
蓄膿症を改善させるツボ、教えます!
頻発する各地の噴火。火山灰による健康被害って?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP