ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニキビ跡を消したい!今すぐできる効果的なセルフケアとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ニキビ跡を消したい!今すぐできる効果的なセルフケアとは?

鏡を見るたびに気になるニキビ。つぶしたり何もケアしないでいたりすると跡が残り、後悔することになります。ニキビは早目にセルフケアすることが一番大事。赤み・シミ・クレーターなど嫌なニキビ跡を効果的に消す方法をご紹介します。

赤み・シミ・クレーターになるのはなぜ?

ニキビができて皮膚が腫れた後、赤みが残った状態になることがあります。これは、炎症が起こった皮膚の傷を早く直そうとして毛細血管が増え、血管を流れる血液の色が皮膚に反映されたものです。炎症が起こると皮膚が薄くなるので血液の色が見えやすくなります。赤みがある部分をケアしないで紫外線を浴びると、メラニン色素が酸化されて茶色のシミができやすくなります。一方、クレーターのように凹凸ができるニキビは、炎症が強い場合に起こります。真皮が壊されてコラーゲンが減少してしまい、そこがへこんでしまうのです。

ターンオーバー正常化でニキビ跡解消!

レーザー治療やピーリングに頼る人もいますが、逆にダメージが残ることも。できるだけ自然に治すのが肌に負担をかけない方法です。もともと肌には角質層を潤し、外部からの刺激から肌を守る「バリア機能」が備わっています。この機能を整えてターンオーバーを促せば、新しいキレイな肌に生まれ変わりニキビ跡も解消されるのです。クレンジング・洗顔などの基本的なスキンケアをすることはもちろん、ニキビ跡を改善するために規則正しい睡眠と栄養バランスのとれた食事を摂るのが何より大切です。特に肌の新陳代謝を進めるビタミンB群、抗酸化作用があるビタミンC、ホルモンバランスを整えてターンオーバーを促すミネラルをしっかり摂りましょう。

ニキビ跡に効く成分とは?

ビタミンC誘導体は、抗酸化作用を持ち、メラニンの酸化にはたらきかけて色素の沈着を防ぐ効果があります。フラーレンも抗酸化作用があり、肌の保湿作用やバリア機能を高める成分。ニキビの原因となる男性ホルモンのバランスを整え、ターンオーバーを促すイソフラボン、抗炎症作用のあるトコフェロールもニキビ跡予防・改善に有効です。スキンケア商品を選ぶときには、ぜひこの成分が入ったものを選びましょう。

writer:松尾真佐代

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。