ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

母親の介護する渡部篤郎を「再婚間近女性」が支える

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 俳優の渡部篤郎(47才)が30代の元ホステスの女性A子さんと再婚間近であると報じられた。女性セブンが渡部とA子さんのデートを目撃したのは昨年7月上旬のことだった。場所は六本木ヒルズ。人目をはばかることなくA子さんの肩にキスをする、まるでドラマのような大人のカップル。周囲が赤面するほど熱いふたりだった。

「A子さんは10年来の友人だったが、昨年春先からふたりで食事をするなどして意気投合。彼女はバツイチで子供がいて、姉さんタイプ。サバサバしていて、清原亜希さんとかRIKACOさんとタイプはかぶります」(A子さんの知人)

 A子さんは当時、銀座にホステスとして勤めていた。彼女の出勤日には渡部が顔を出し、一緒に帰って行くこともたびたびあった。

 渡部は1993年にRIKACO(49才)と結婚、2人の息子がいる。しかし、結婚関係にあるなか、渡部は共演者である中谷美紀(40才)と交際を開始。2005年に渡部とRIKACOは離婚するがその後も中谷都の交際は、決してオープンなものではなかった。

「息子さんの気持ちを考えて、デートも人目につかない場所を選んでいました。一緒に暮らし始めたのも、外では会いづらいというのが大きかったと思います。ここ数年は夫婦同然の生活でしたから、渡部さんのお子さんも成人する年頃になったし、結婚秒読みかともいわれていました」(芸能関係者)

 中谷との結婚が近いと囁かれていたその時期、実は渡部は母親の介護問題を抱えていた。

「その前に渡部さんはお父さんを亡くしていて、お母さんは一人暮らしでした。そのお母さんの体調がよくなくって…。とはいえ、このまま結婚して中谷さんに介護を一緒に手伝ってもらうということにも、渡部さんとしては抵抗があった。

 中谷さんとしては全部受け止める覚悟があったと思いますが、彼は考えてしまったんでしょうね。そうこうするうちにお母さんの体調がさらに悪化してしまったんです。それで、渡部さんは中谷さんと共に暮らす家を出て、お母さんと暮らすことを決めたんです」(前出・芸能関係者)

 中谷にとって渡部と交際していた15年は大きな意味を持つ。20代半ばから40才まですべてを捧げてきた。結婚も出産も、渡部と──という思いもあっただろう。しかし一方で、渡部も母の介護を抱え「なぜこのままの関係ではいけないのか」「今は考えられない」と頑なになっていった。

「中谷さんはよくも悪くも昔気質の女優というか、何事にもキチンと線引きするタイプ。子供が成人したら結婚しようという約束の時が近づいて、ふたりの関係をこのままなあなあにするのではなく、どうにか結論を出そうとした。それは40才になるという女性にとっては当然、切実な問題ですから。でも渡部さんにはそれが重荷になってしまった。もう溝が埋まることはありませんでした」(前出・芸能関係者)

 その最中、渡部とA子さんのデートを知った中谷。昨年8月、ふたりは別れを決めた。

「一緒に住んでいた部屋の荷物もすべて整理したそうです。中谷さんもそれまでに悩み抜いていたんでしょうね、最後はどこかスッキリしていたようでした。その後、お母さんの介護をする渡部さんを支えたのがA子さんだった。昨年秋にはお店をやめて、自分の子供の面倒も見ながら、渡部さんの身の回りにも細やかに気を配っていたようです。最近、渡部さんはお母さんの介護が一息ついて、A子さんに“落ち着いたら一緒になろうか”とプロポーズした。時期は未定だそうですが、双方が周囲に結婚するつもりだと話しているようです」(前出・芸能関係者)

 15年愛は意外な結末を迎えた。人の気持ちはどうにもできないが、断腸の思いで別れを決めてすぐに、別の女性とのスピード再婚を知る――このニュースが報じられた日、中谷はひとり六本木ヒルズにいた。帽子やマスクをすることなく、黒いコートを身にまとい、まっすぐに前を見て歩いて行った。

※女性セブン2016年3月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
RIKACOと渡部篤郎が2人の子供とハワイ旅行 中谷美紀も了承
結婚拒絶され…恋人・渡部篤郎を残して事務所独立の中谷美紀
渡部篤郎と中谷美紀 六本木5つ星ホテルでオーラ全開デート

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP