ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

相模原受験母子心中 第2志望には合格、本命の発表もまだ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月18日夜9時、神奈川県相模原市のある団地に住む男性会社員(48才)が帰宅すると、目の前に地獄絵図が広がっていた。自室ベッドに長男、八田幸太朗くん(15才)が倒れており、隣のリビングで母親(47才)が首を吊っていた。すぐに119番通報したが、ふたりは搬送先の病院で死亡が確認された。長男の首にはひものような物で締められた跡があった。

 警察が父親を聴取したところ、今月16日と17日に長男の高校受験があったが、インフルエンザのためうまくいかず母子で悩んでいたという。長男には抵抗した形跡がなく、警察は心中を図った可能性が高いとみて調べている。

 母子の死に、団地中に衝撃が走った──。

「あの夜はパトカー5台に消防車まで来て、騒然としていました。救急隊員のかたが必死に男の子を人工呼吸しながら担架で運んでいたっていうから、よっぽどの緊急事態なんだなと。翌朝新聞で幸太朗くんと母親が亡くなったと知った時は、ショックで言葉を失いました。幸太朗くん、つい最近も団地前の公園で友達とサッカーしていましたからね。お母さんは介護関係のパート職員で、近所づきあいはないけどしっかりしているかたでした。心中なんて言われても信じられません」(同じ団地住人)

 八田家の家庭環境を知る者は少なかった。長男がよくサッカーをしていた公園で、目を腫らした女の子が話してくれた。

「わたし、同級生なんです。今日ははっちゃん(幸太朗くんのニックネーム)との思いでの場所を回って写真を撮ろうと思って。一緒に歩いた道とか、この公園も。一生懸命お金を貯めて、一緒によみうりランドも行ったんだ」

 ハンカチを片手に彼女は話を続けた。

「あのね、はっちゃんのお母さんってものすごい過干渉だったんです。はっちゃんが一人っ子だったのもあるけど、学校でのことや友人のこと、全部把握しようとするみたいで、半年前くらいから“お母さんが嫌だ”ってずっと言ってた。はっちゃんはよく部活帰りに友達とマックに行ってたんだけど、“家に帰るのが嫌なんだ”って。

 受験が近づいてくると、勉強についてもすごく厳しく言われていたみたい。2年生の冬に個別指導の塾に通い出したけど、塾帰りに友達としゃべっていて少しでも帰るのが遅くなると、お母さんにメチャクチャ怒られるんだって」

 母親を知る同じ団地住人もこう証言する。

「団地づきあいはほとんどなくて、行事に顔を出したことはありません。お仕事もあったし何より息子さんにつきっきりで。お母さんすごく教育熱心でね。夜遅くに子供を怒る声が聞こえてきました。あそこは一人っ子ですから、息子さんにすごく期待していたんです。

 通っていた中学は地域でも優秀な子が集まるところで、入学時は、“良い環境の所に通わせることができた”って喜んでいました。少しでも偏差値の高い高校に進学させようとしていて、学歴へのこだわりが強かった。でも息子さんはサッカーに夢中であまり勉強には身が入らなかったみたい。“息子の成績がなかなか伸びない”って悩んでいました」

 父親は仕事が多忙で帰宅はいつも夜遅く、幸太朗くんの勉強を見るのは母親の役目だったという。彼女にとって、息子の高校受験はいつしか自分の子育ての集大成となっていった。

「塾以外ではつきっきりで勉強を見ていたそうです。息子さんからすると、そんな母親が重苦しくて、反抗してモノを投げたりすることもあったといいます。追い込み時期の昨年冬くらいからは、食器が割れるような、誰かが暴れる音がしょっちゅう聞こえてきました」(前出・母親を知る同じ団地住人)

 幸太朗くんが17日に受験したのは、大学進学率が80%を超える神奈川県中部の県立A高校だった。同校の入試は内申点よりもペーパーテストが重視される。インフルエンザの高熱と闘いながら受けたテストで実力を発揮するのは至難だった。入試後、幸太朗くんが落ち込んだのも無理はない。

 だが、仮に入試で失敗したとしても、母子で心中するほどの悪夢だろうか。彼の通う中学校関係者が告白する。

「合格発表は29日で、まだ結果はわかりません。試験はダメでも翌日の面接で彼の人柄が評価されたかもしれない。しかも、彼は2月初旬に第2希望の私立B高校を受けて、すでに合格しています。なぜ心中などという恐ろしい考えが生まれるのか…」

 受験における「母子一体化」がもたらした悲劇だった。

※女性セブン2016年3月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
野々村県議、年老いた母と2人暮らしの自宅に帰らず 母も不在
伊坂幸太郎文庫新刊はひきこもり息子を“悪魔祓い”する話
豊かな日本社会で見捨てられる“団地”の今を考えさせる映画

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP