ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音と映像で世界の自然を切り取る「デジタル窓」に癒されたい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

縦型の27インチディスプレイの「Atmoph」は、壁にかけると窓のように見えインターネットに接続して世界各国の美しい景色を、映像と音声で楽しめるデバイスです。さながら、家ごとどこかにテレポートしてしまったかのよう。

世界と繋がる窓
その開放感に注目!

部屋に設置するだけで、すぐそこに川が流れているかのような錯覚。その他にもいろいろな風景に切り替えられます。唯一、通れないところを除けば「どこでもドア」みたいですよね。

4Kの高画質映像で流れる各地の景色。スピーカー内蔵で、現地の音声だって聞こえてきます。自宅にいながらにしてビーチに押し寄せる波を感じながらくつろいだり、夜景のきれいなレストランバーでお酒を一杯…なんてことも。

切り替えはスマホやApple Watchから。さらに、ディスプレイに手を近づけただけでも操作が行えます。鳥の鳴き声を使った目覚まし時計も設定可能。

壁際に立てかけて焚き火を眺めるのもアリ。用途は様々ですが、手軽に気分転換をするにはもってこいのアイテムでは? 動画で見てみましょう。3台繋げて置けば、よりパノラマ感が楽しめますよ。

サイズは640x380x55mmで、価格は1台549ドル(約61,500円)から。国内の送料は20ドル(約2,200円)。出荷開始は2016年3月を予定しており、webサイトで事前予約できます。

とくに都市部では、窓から隣の家の壁しか見えないーーなんてこともままあること。「Atmoph」開発のきっかけは、ズバリその閉塞感を感じていたからだったそうですよ。

Licensed material used with permission by Atmoph

関連記事リンク(外部サイト)

4K動画で見るNASAの「無重力化学実験」が・・・ピギャー!!
たたんで運べる!折り紙みたいな「カヤック」
【世界初】トイレマッチングサイト「SUKKIRI」。大丈夫、もう漏れない。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP