ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】就活相談とお願いごとを交換!就活生と社会人を結びつける「Matcher」に迫る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

OB訪問は、社会人になってからの自分をイメージするのに役立つ、大切な活動。

しかし、出身大学の先輩に限定されていたり、どうやってコンタクトしていいかわからないといった理由から、訪問を諦めてしまうケースも、多々あるようだ。

そこに着目したのが、この「Matcher(マッチャー)」。ハードルの高いOBへのコンタクトを手軽にした、画期的な就活サービス。訪問する側とされる側の双方に利益をもたらす、これまでにない就職サポートを実現した。

提供元のMatcherは、さまざまな就活関連事業を手がけるスタートアップ。代表取締役CEOの西川 晃平(にしかわこうへい)氏に、早速話を聞いた。

・出身大学外の先輩でも気軽に訪問できる!

Q1:「Matcher」提供のきっかけを、お聞かせください。

大きく2つあります。まず1つ目は、私が大学を介してOB訪問をしようとした際、志望企業に所属大学の先輩がいなかったこと。

2つ目は、周りの友人に「◯◯業界の知り合い、いない?」「株式会社◯◯の人を紹介してほしい!」など、多くの相談を受けていたこと。これらの経験から、「Matcher」の開発に至りました。

Q2:「Matcher」とは、どんなサービスなのでしょうか。

「Matcher」は、従来の大学を介したOB訪問とは違い、大学の先輩以外でも“気になる企業の、気になる人に、気軽にOB訪問ができる”ソーシャルマッチングサービスです。

社会人側もOB訪問の日が待ち遠しくなるように、「就活相談にのるので、◯◯してくれませんか?」という形で、社会人は学生の就活相談にのる代わりに、お願いごとができるようにしました。

実際に作られているプランの一部をご紹介すると、「就活相談にのるので、フレンチごちそうさせてください!」「就活相談にのるので、学生向け新規事業(ウェブ)のアイデア出しを手伝ってください!」(中略)など採用、マーケティング目的のプランや、ユーモアあふれるプランまで、幅広く登録されています。

・人生の指針となるような気づきを得てほしい

Q3:本サービスによって、学生の就職活動はどのように変化するのでしょうか。

就職活動の中の“誰とするのか”という判断材料を、増やすことができると考えています。合同企業説明会や求人媒体などで“何をするのか”という情報を得る機会は多くある一方で、“誰とするのか”という情報を得る機会はそう多くありません。(中略)

「Matcher」では、所属大学の先輩以外でも、“気軽にOB訪問ができる”ようにすることで、実際に働いている社会人と学生の多くの出会いを創出し、“誰とするのか”“どうなれるのか”という具体的な成長イメージを持ちながら、就職活動を進められるようにしました。

また、学生のうちからさまざまな社会人の価値観に触れるため、就職活動という枠を越えて、人生の指針となるような気づきを得られるのでは、と思っています。

Q4.正式版リリースの時期とそれまでの展開について、教えてください。

正式版リリースは、4月初旬を予定しています。全国展開やアプリ化など、日本一“ありがとう”が生まれるo2oコミュニケーションサービスにするため、さまざまな展開を考えています。

まずは、実際に「Matcher」を利用している方々に、使用感などについてヒアリングし、意見をいただきながら、愚直に改善を重ねていくつもりです。

現在、ベータ版で展開中の「Matcher」。学生のみならず、社会人にとっても価値あるサービスになりそうだ。

OB訪問の新しい形を実現する Matcher

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP