ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブライアン・イーノ、『LUX』以来となるソロ最新作『The Ship』をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブライアン・イーノが、最新作『The Ship』をリリースすることが発表された。

近年はカール・ハイドによるコラボ・プロジェクト、イーノ・ハイドでの活動を行っていたイーノのソロ最新作は、2012年リリースのグラミー賞ノミネート作『LUX』以来となる作品。

『The Ship』ではイーノが美術学生時代に行っていた初期の音楽的探究のインスピレーション源として名前をあげたバンドとしても知られているザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの「I’m Set Free」(1969年発表の3rdアルバム『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド』に収録)をカバーしていることにも注目が集まるはず。リリース日は4月27日(水)、日本先行でリリースされる。作品の詳細については下記レーベルサイトを参照してほしい。(岡本貴之)

・ブライアン・イーノ『The Ship』詳細
http://www.beatink.com/Labels/Warp-Records/Brian-Eno/BRC-505/
・ブライアン・イーノの作品はOTOTOYから配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/3747

BRIAN ENO
『THE SHIP』
WARP RECORDS / BEAT RECORDS
〈収録曲〉
01. The Ship (21”20)
02. Fickle Sun (i) (17”40)
03. Fickle Sun (ii) The Hour Is Thin (02”43)
04. Fickle Sun (iii) I’m Set Free (05”13)
05. Away (Bonus Track for Japan)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP