ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2016 : 京セラ、太陽光でバッテリーを充電するソーラーパネル付きスマートフォンの第2世代モデルを展示

DATE:
  • ガジェット通信を≫

京セラがスペイン・バルセロナで開催中の MWC 2016 イベントで、太陽光でバッテリーを充電するソーラーパネル付きスマートフォンの試作機「Kyocera Rugged Solar Charging Phone」を展示していた模様です。昨年の MWC 2015 イベントでも京セラは同様のソーラパネル付き端末を展示していましたが、今回展示された端末は改良版の第 2 世代モデルだそうです。前回の端末のように頑丈なボディを採用しているものの、デザインは大きく変わっています。太陽光パネルは黒いものをイメージしますが、京セラの端末には液晶部分に透明なソーラパネルが搭載されており、通常のスマートフォンのようにタッチ操作することも可能。光が当たっている間はバッテリーを充電します。第 2 世代モデルでは、ディスプレイサイズを 4 インチから 5 インチに拡大し、ソーラーパネル自体も改良版を搭載しています。第 1 世代は 5 分間の通話時間分を充電するのに 2 時間もかかっていたものの、第 2 世代モデルでは 15 分に短縮しているそうです。Source : Stuff

■関連記事
Google、スマートフォン / タブレット / PCでのWEBページの見え方をチェックできるテストツール「Resizer」を公開
MWC 2016 : TCL、Phoenix OSを搭載した17.3インチ端末を展示
アイツー、貼るだけで海外データローミングを可能にする「貼るSIM」を3月25日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP