ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界最大のテクノ都市ベルリンにある超有名クラブ「Berghain(ベルクハイン)」の音を求めて

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クオリティー、サウンド、 アーティスト、世界最高峰のクラブと名高い、ドイツ・ベルリンにある「ベルクハイン」。毎週末、世界各国からベルグハインの音を求めて、多くの人々が訪れます。

旧東ドイツの発電所を改造して作られているベルグハイン。現代のクラブ・シーンにおいて欠かすことのできない、極めて重要な場所です。

今回は、そんなテクノミュージックの聖地であるベルクハインの魅力をご紹介します。

 

⒈ここに行かなきゃ語れない

photo by Oh-Berlin.com

世界最大のテクノ都市ベルリン。そんなベルリンっ子もうならせる超有名大箱といえば、やはりベルクハインです。そこには、強烈な熱気が味わえる、非日常空間が広がっています。

Henrik Schwarz(ヘンリク・シュワルツ)やRicardo Villalobos(リカルド・ヴィラロボス)など、テクノ界の名だたる有名DJもベルクハインで回しており、テクノミュージック好きにはたまらない場所なのです。

ベルクハインに行かなければ「ベルリンのクラブ」を語ることはできません。

 

⒉いつまでも踊り続けられる

Photo by Bart van Poll

ベルクハインがある建物の中には、「ベルクハイン」と「パノラマ・バー」という2つのクラブが同居しています。ベルクハインはテクノ、パノラマ・バーはハウスメインのクラブです。2つのクラブは営業時間もDJのラインナップも全く異なっています。

ベルクハインの営業時間は、金曜と土曜の夜、それぞれ翌朝までです。しかしながらパノラマ・バーの営業時間は、毎週金曜の夜から日曜の夜まで36時間というから驚き!

どんな時間に行っても踊れてしまう究極の場所なのです。

 

⒊エントランスが厳しい

Photo by festicket

週末のピーク時には5時間並ぶこともあるという人気のクラブですが、並んだからといって入れるわけではありません。なんとベルクハインは、エントランス制限が超厳しいのです。

パウンサーと呼ばれる強面の門番によって、入場できるかどうかが決められます。はっきりとした判断基準はないそうですが「当店のイメージに似つかわしくない人は入店をお断りしている」とのこと。

泥酔している人や格好がダサい(!?)人などはお断りされてしまうようです。ですがその分、入場できた時の喜びはひとしお。入場できた方々、思う存分ベルクハインの音楽を楽しみましょう。

 

⒋出入りフリー

ベルグハインは、1度入ってしまえば何度でも出入り自由。今週末はひたすら音楽に浸る…なんてこともできます。

疲れたら一旦家に帰って、お風呂に入って寝てから戻ってくるなんてことも可能。入場は厳しいけど、入ってしまえばひたすら楽しめるクラブなのです。これも、入場を許されたものの特権です。

 

⒌自由に楽しめる

photo by shutterstock

ベルグハインを語るなら、「自由」という言葉は外せません。あらゆる人々が混じり合い、音楽や交流を楽しむ。そこには性的指向の違いも、人種も関係ありません。

ひたすら踊りまくる人もいれば、まったりとお酒を飲みながら音楽に浸ることも…。またはカップル(同性・異性問わず)がいちゃついていたり…。とにかく自由な場所なのです。

他では体感することのできない、特別な世界が広がっています。

 

ベルリンのディープな世界観を体験しよう

photo by Ganesha Balunsat

いかがでしたでしょうか?ベルグハインはベルリンのダンス・シーンを象徴し、今や観光地としても世界一のアンダーグランドなスポットとして有名です。

クラブにはあまり行ったことがないという人も、是非本場のクラブを体感しに行ってみてはいかがでしょうか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP