ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夢は誰よりも大きいもん!155cm以下のミニマム女子の旅あるある

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外へ旅に行くのは、決して冒険家みたいな勇ましい男性だけではありません。つり革をつかむのがやっとだったり、イスに腰掛けると足が浮いちゃったりするミニマム(低身長)な女子だって、一人で旅に出るんです。

 

見たことのない広い世界を見てみたい!そんな大きな夢を持つミニマム女子は、海外でこんなことを体験しています。

 

子ども用の服がぴったり

photo by shutterstock

むしろ、大人用の服が大きすぎます。着れたとして、大人用のSSがぴったり。そもそもSSを売っているお店なんてないですけどね。

海外でしか買えないようなビビットカラーや素敵な柄の服も、あれ…これLLなのかな…と思ってしまうほど。

子ども服売り場でウロウロしている日本人がいたら、それ私です。でも大人用より安く済むからそれはお得で嬉しいポイント◎

 

むしろ子供?って言われる

photo by shutterstock

一人で街を歩いていると、やたらと声をかけられます。

「キミダイジョウブ?」「一人で平気?」「どこからきたの?」

 

旅中に何回年齢を聞かれたか分かりません。ハタチのとき一人旅をしていた際は、わざわざ反対の通りから「sixteen?」と訪ねられました。

でもね、ちゃんと電車とかは大人料金で乗ったんです。そこは律儀で真面目な日本人ですからね。

 

靴のサイズがない

photo by shutterstock

服のサイズ問題の次は、靴のサイズがない問題です。

大きなスーパーに行けば、ある程度の靴のサイズは揃っていますが、ちょっとした露天やおしゃれなお店にはあまり小さいサイズは見当たりません。

 

でも実際、足が小さい人より大きい人の方が大変かも。

小さい人は少しくらい大きめの靴を履いても「カポカポ」するくらいだけど、足が大きい人が小さめの靴を履くのは痛そうだし辛そう…

靴は、自分の足のサイズに合ったものが一番です(当たり前)

 

ジーンズの裾が長い

photo by shutterstock

海外で過ごすことが多くなるとだんだん服装もラフになり、Tシャツとジーパンは鉄板になってきます。

ここで出てくるのがジーンズの裾が長くてずるずる引きずっちゃう問題。外国人はどれだけ足長いねん…そのまま履いたら裾を引きずっちゃうよ…

私の脚が短いのが悪いんだけどさ…

うん、やっぱり子ども服が一番。

 

かわいいマキシがずるずる

photo by shutterstock

リゾートに行ったら可愛いマキシワンピが着たい!日本では着れないようなビビットなカラーや、ちょっと大胆なマキシも着て南国気分を満喫したい!

 

…だがしかしbut、身長の低い私たちはマキシワンピなんて着られません。もう、引きずりすぎてウェディングドレスの並みにずるずるしてしまいます。あれじゃね、もうむしろ、膝丈のやつ着ればちょうどよくなるんじゃね?

 

スーパーの棚に手が届かない

photo by shutterstock

外国のスーパーって行くだけでわくわくしますよね。カラフルな野菜や、可愛いパッケージのお菓子がたくさん。

だけどね、思うんですよ。

「商品の棚が高すぎるだろ!?!?」と。

ゴムゴムの実を食べた◯フィ並みに手が伸びないと、絶対に届きません。買わせる気ないでしょ、あれ。(半ギレ)

 

トイレの穴に落ちる

photo by shutterstock

食事中の方はごめんなさい。でもね、これ低身長女子には深刻な問題なんです。

トイレの!穴に!落ちる!!!!!

 

やばい、吸い込まれる!古代ローマにタイムスリップしちゃう!異次元に飛ばされる!って何度思ったことか。

 

え、鏡の位置高くね?

photo by shutterstock

タイムリープの危機を脱して一安心。

良かったぁ〜古代ローマに行って温泉掘る羽目になるところだったよ〜。よし、手を洗って身だしなみを鏡でチェックして…ってあれ…?顔を上げた正面に、

 

カ ガ ミ ガ ナ イ

 

目線を上にあげると、鏡発見。え、ちょっと、いやいや…鏡の位置高すぎるでしょ。おでこ部分しか映ってないがな。

必死に背伸びしてお化粧を直す私…恥ずかしい…

 

水じゃなくて酒を寄越せぇええ!

photo by shutterstock

童顔で、なおかつ背が低いと完全に未成年に見られます。もちろん、お酒が飲めません(国にもよりますが)

スーパーでビールを持ってレジに行くと、大体「ハァ?」って顔をされます。だけどここでめげないのが度胸だけは人一倍のミニマム女子。

「ドヤッ」ってIDを見せてやるんです、へへっ。

その顔写真がまた幼いから、恥ずかしいんですけどね。

 

周りがみんな大人に見える

photo by shutterstock

海外の高身長女子は、体系もモデルみたいに良くて、お目めもぱっちりしてて…あれ、私すごくちんちくりんじゃない…?

そんなボンッキュッボンッのお姉さんが、実は15歳とかの場合が多いんだよね。

20歳過ぎてる私の方が、どう見ても中学生です…(いろんなところのサイズが)

 

まとめ

でもね、体はミニマムでも、度胸はどーんとでかいんです。小さい体でどこへだって飛んでいくんです。

ちょっと大変だなーと思うことも多いけれど、それでも広い世界をみたいから、また大きい荷物をしょって「キミ、ダイジョウブ?」って言われながら、旅を続けていきます。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。