ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ネイルアートで野生動物を保護支援、 今注目の「ドネイル」って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「動物の絶滅」は遠い世界の話
そう、思っていませんか?

日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWFが発表しているレッドリストを見ると、危機ランクが高い生物ですら約2万種も存在していて、そのほとんどが人間による森林伐採や乱獲、温暖化を原因としています。

いつも通りオシャレしながら
もっと身近に「動物保護」を

そこで、「Donail」が提案しているのが、生活の中でオシャレを楽しみながら、同時に動物保護への寄付活動をしよう、というプロジェクト。

Donation(寄付)×Nail(ネイル)を合わせて造られた「ドネイル」という言葉には、もっと気軽に動物保護へ参加してほしい、という想いが込められています。

選べるデザインは20種類。
ネイルアートが募金になる

まずプロジェクトの第1弾では、絶滅の危険性が高い、アムールヒョウ、ヤマシマウマ、スマトラゾウ、ジャイアントパンダ、といった20種をモチーフにしたネイルがデザインされています。共通している薬指の赤は、レッドリストを表しています。

実際のネイルは、プロジェクトに賛同しているネイルサロンで施術でき、そこで野生動物についてもっと知ったり、SNSにシェアすることで、友達にも知ってもらうことができるという仕組み。

身近なオシャレが募金活動に繋がる、こんな素敵なプロジェクトならぜひ賛同したいですよね。

Licensed material used with permission by  WWFジャパン

関連記事リンク(外部サイト)

「10人中9人が見えない画像」あなたは見える?
災害時に「地図」を使って活躍する、世界初のドローン部隊を誕生させよう!
日本の技術をルワンダに。紛争で傷ついた人たちに「義足」を届けたい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP