ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2016 : Xiaomi、2014年のフラッグシップを改良した「Mi 4s」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー Xiaomi は 2 月 24 日、スペイン・バルセロナで開催中の MWC 2016 イベントで、2014 年のフラッグシップとなる「Mi 4」を改良した「Mi 4s」を発表しました。MWC での発表は Mi 5 だけだと予想されていたので、サプライズ発表となります。Mi 4s は、Mi 4 あるいは Mi 4c をベースにした Android スマートフォンで、Mi 4 からの大きな違いはメタルユニボディや前後に 2.5D 仕様のカバーガラスを採用し、さらに、指紋リーダーも追加したところです。OS は Android 6.0 ベースの MIUI 7 を搭載しています。Mi 4s の主要スペックは、5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの液晶ディスプレイ、Snapdragon 808 1.8GHz ヘキサコアプロセッサ、3GB RAM、64G ROM、Micro SD カードスロット、背面に 1,300 万画素カメラ(PDAF 対応)、前面に 500 万画素カメラ、3,260mAh バッテリーを搭載し、デュアル SIM や VoLTE に対応しています。価格は 1,699 元で、3 月 1 日に発売されます。更新:価格情報を訂正。Source : Xiaomi

■関連記事
Googleの「メッセンジャー」アプリがAndroid Wearをサポート、メッセージの新規作成や連絡先を選択しての送信が可能に
Xiaomi、Mi 5のベンチマークスコアを公開
ロッテ、アプリで絵柄をスキャンすると英単語の意味や発音を教えてくれるお菓子「えいごのコアラのマーチ4連パック」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。