ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハワイで気軽に文化体験!フラワーレイを作ってみました

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皆さんはハワイ伝統の首飾りである「レイ」を知っていますか? これは花や葉、リボン、海藻、貝殻などさまざまな素材で作られており、感謝や敬愛を表すものです。きっと見たことのある人がほとんどだと思います。ハワイではフラダンサーの衣装や観光客を歓迎する際などによく見かけますが、その他にもお祝いや儀式などのシーンでも用いられます。

今回はデンファレの生花を使ったレイ作りを、オーダーメイドの旅を提供する旅行会社・旅工房のトラベル・コンシェルジュの山下が実際にハワイで体験してきたので、そのときの様子をご紹介します!

気軽に参加できる「ハワイ文化体験」

ハワイではショッピングセンターやホテルで、ハワイ文化を体験できるプログラムが毎日のように開催されています。今回は宿泊したホテルの「シェラトン・プリンセス・カイウラニ」にて、プログラムに参加しました。

晴れた日の朝10時、清々しい気持ちでホテル内のテラスに集合。アロハシャツを着たにこやかなおじいさん講師が迎えてくれました。作業用のテーブルには、見たことがないほどたくさんのデンファレの花が並べられており、あたりにはお花のいい香りが漂っています。朝から幸せな気分に包まれながら、さっそくレイ作りをはじめました。

最初に講師の方がお手本を見せてくれました。作り方はとてもシンプルで、花の中心に針を通すだけ。講師の方から針を受け取り、花が同じ方向を向くように気をつけながら作業を進めていきます。花は濃い紫色や薄い紫色、白色、黄色などの色があり、また大きさや花びらの形も少しずつ違います。こうして自然の花に触れていると、なんだか優しい気持ちになりますね。最後は講師の方がひもを結んでくれました。

作業を初めて約20分。あっという間にオリジナルのフラワーレイが完成しました。見た目もかわいらしく、また自然や周りの人たちへの感謝を大切にするハワイ文化にも触れることができたので大満足です!

ハワイには他にもフラダンスやウクレレ、ハワイアンキルトなど、さまざまな伝統文化があります。皆さんもハワイを訪れる際は、ぜひハワイアンカルチャーに触れてみてはいかがでしょうか。

(ライター:旅工房

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP