ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【恵比寿】魚介をたらふく食べたい日に!ここでしか出会えない大人イタリアン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

島国である日本人が昔から好んで食べてきたのが魚料理。美味しいお魚を食べると「日本人に生まれてよかった〜!」と心から思いますよね。今回は、お魚大好きな皆さまに、絶品の魚介料理をリーズナブルに食べられるお店をご紹介したいと思います。

朝獲れの新鮮魚介をたらふく!

訪れたのはこちら、2月9日(火)恵比寿にオープンしたばかりの「ペッシェ・パッパーレ・イタリア」。店名の「ペッシェ・パッパーレ」は、イタリア語で“魚をたらふく食べる”という意味なのだそう。その名の通り、博多・長浜漁港を中心に毎日直送される新鮮な魚介を味わうことができます。

白タイルを基調とした内装は、イタリアの魚市場をイメージしているんだとか。レンガ調の壁や、ヴィンテージ加工された床にもインテリアへのこだわりが感じられます。カジュアルな雰囲気なので、気張らずに入れますよ。

新鮮な素材だからこそ出せる味

まず初めにいただいたのは、大ぶりの生牡蠣(380円)。こちらは兵庫県室津産のもので、クセが無く、磯の香りと旨味が口の中で広がります。

続いて、鮮魚のカルパッチョ5種盛り合わせ(1人前630円)。素材の味に合わせて変わるソースが、一番おいしい味を引き出してくれます。

そして、筆者イチオシのメニューがこちら! ウニとイクラのパンナコッタ(1p 530円)。イタリアの岩塩で作ったパンナコッタにウニとイクラをのせたもの。

パンナコッタと聞くとデザートしか想像できませんが・・・

おいしい! それぞれの素材の甘みがうまく調和され、口に含んだ瞬間にとろけていきます。あっという間に完食。新鮮でないとこの味は出せません。

隣のお客様(女性お二人)も同じものを頼んでいたのですが、「無くなっちゃうのがもったいない・・・」と淋しげにおっしゃっていました。わかります、その気持ち。

実はここのお店では、魚介だけでなくお肉料理もいただくことができます。こちらはお店オススメの一品、牛タン炭火グリルのアマトリチャーナ(1080円)。

アマトリチャーナとは、イタリア料理に使われるトマトベースのパスタソースのこと。通常はベーコンやパンチェッタですが、香ばしくグリルされた牛タンも相性抜群! 上にたっぷりかけられているのは、ラスパドゥーラ・チーズ。イタリア語で「ひっかく」という意味があるこのチーズは、その薄さから、口に入れるとふんわりとろけます。熟成期間も短いため、さっぱりと食べられるのが特徴です。

2つの嬉しいオープン記念キャンペーンも実施中

(1)スパークリングワイン好き必見!

2月25日(木)〜27日(土)の間に来店された方は全員、その後1か月間は、毎週火曜日(3月1日、8日、15日、22日、29日)に1日20名限定で、スペイン産のカヴァをグラス1杯100円(税抜)、ボトル980円(税抜/通常3800円相当)で楽しむことができます。

(2)【要予約】貝好き必見!

兵庫県産オイスター&広島県産ムール貝が2700円(税抜)で2時間好きなだけ食べ放題! こちら、大好評につき恵比寿店では満席となってしまいましたが、渋谷ペッシェ・パッパーレ・イタリア6周年を記念し、3月の毎週月曜日(7日、14日、21日、28日)に同じく限定20名様でムール貝・食べ放題を行うそうです。くわしくは下記お店の電話番号までお問合せください。

■トラットリア ディ ペッシェ パッパーレ イタリア
住所:東京都渋谷区道玄坂1-12-3 渋谷マークシティ EAST MALL 2F
電話:03-6416-9386

美味しくリーズナブルなお料理が魅力的なのはもちろん、スタッフの方も明るくとても雰囲気がよかったです。居心地の良い空間で、お魚もお肉もたらふく食べることができ、大満足なひと時でした。

リピート間違いなしのお店です。

[ペッシェ・パッパーレ・イタリア]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP