ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

沖縄南部で観光する方必見!アイランドリゾート「瀬長島ウミカジテラス」をご紹介!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旬なショップが集結したアイランドリゾートで買い物から食事、ライブイベント、そして最高の景色と幅広く楽しい時間を過ごせるこのスポットはとても贅沢なスポットです。2015年8月にオープンしたばかりのこのスポットのたくさんの魅力を紹介していますので、ぜひお見逃しなく!

1.瀬長島ウミカジテラス

沖縄南部のおすすめ観光スポット!旬なショップが集結したアイランドリゾートで楽しい時間を。

海が見える傾斜地に立ち並ぶ光景は美しい

青空をバックに海に向かって白壁のショップが段々畑状に並んでいる

各ショップには、ブルーの石垣焼タイルの店舗番号が貼られている

ショップの前には潮風香るテラス席があり、海風(ウミカジ)が満喫できる

那覇空港から一番近い離島・瀬長島。海を眺めながらショッピングや食事を楽しめるので、まるで海外リゾートに来たような気分を感じられます。

海が見える傾斜地に立ち並ぶ光景は美しく、この周辺を散歩しているだけでも非日常な贅沢を味わえそうです。

青空をバックに海に向かって白壁のショップが段々畑状に並んでいて、各ショップには、ブルーの石垣焼タイルの店舗番号が貼られています。またショップの前には潮風香るテラス席もあり、沖縄の海風もいっしょに満喫できる最高なロケーションスポットです。

「瀬長島ウミカジテラス」は夜も魅力的!

夜は松明に火が灯り、幻想的な雰囲気に。また、日の入り前後の「サンセットステージ」と20時30分からの「ムーンライトステージ」の1日2回、毎日ライブが行われる。

「瀬長島ウミカジテラス」は昼だけでなく、夜も魅力的なスポットです。

夜は松明に火が灯り、幻想的な雰囲気になります。また日の入り前後の「サンセットステージ」と20時30分からの「ムーンライトステージ」の1日2回、毎日ライブが行われます。

天気がよければ星空のもとライブが楽しめるかもしれません。とてもムードがあってロマンチックな雰囲気なのでカップルでのデートにもおすすめです。

お昼はこちらでおいしいものを食べて何かプレゼントを買ってあげて、そして夜はムードあふれる中いっしょにライブを楽しめば、二人の距離もぐっと縮まるかもしれませんよ!?

全32店舗からオススメ店をPick up!

KAME ANDAGI

マンゴーアイス・生クリームトッピング 430円

黒蜜ボール500円

地元に愛され40年。カボチャ入りのサーターアンダギーにクリームやフレーバーをトッピングしたオリジナルスイーツも楽しめます。小腹が空いたときなどにもおすすめのお店です。

営業時間:10時~20時

沖縄そば もとぶ熟成麺

香ねぎそば864円

独自の技術で熟成させた自家製の熟成麺で作る沖縄そば。沖縄といえばこれです。

コシが強く、しっかりとした歯ごたえが特徴で、全部で5種類の味を楽しめます。

営業時間:10時~20時

TILLAEARTH

ヤモリ、枝サンゴのピアス各2万7000円、コーラルリング8万1000円

石垣島に本店を持つアクセサリーショップ。生き物や自然など石垣島で感じたものをモチーフにした沖縄ならではのアクセサリーが置いてあります。ピアスやリングなどを揃えているのでカップルで記念にお揃いのものを購入するのもいいかもしれません。

営業時間:11時~19時 瀬長島ウミカジテラス

TEL/098-851-7446

住所/豊見城市瀬長174-6

営業時間/10時~22時

※店舗により異なる

定休日/なし

※店舗により異なる

アクセス/那覇空港より15分

駐車場/300台

「瀬長島ウミカジテラス」の詳細はこちら

まとめ

那覇空港から車で15分の瀬長島に「瀬長島ウミカジテラス」は2015年8月にオープンしました。島の西海岸に隣接した、傾斜地7320m2の敷地に展開する商業施設で、上で紹介したように旬なショップが30店舗以上集結するとても豪華なスポットです。

全体が白で統一されて、青い海と空に映える姿はまるでギリシャのサントリーニ島のようで、日本にいながらにして海外にいるような気分が味わえる贅沢なスポットです。

※この記事は2016年1月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

九州の旬グルメを堪能!今食べたい!太良・平戸の美味しい2ルート
日本一早い桜「河津桜」が満開に!今週末は、2016年最初のお花見へ行こう
2016年注目!関西でおすすめ「新規オープン」道の駅5選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP