体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

山梨のソウルフード、ほうとうでいってみよう

生活・趣味
山梨のソウルフード、ほうとうでいってみよう f:id:uralatokyo:20151109175451j:plain

山梨県民のソウルフード、ほうとう。

残念ながら「ほうとうって煮込みうどんだよね」「いや具の多いきしめんでしょ」など、山梨県民以外にはあまり正しく理解されていない郷土料理です。煮込みうどんはあながち間違っていないし、きしめんとめんの形状も似ているので、そう思われても無理ないかもしれません。

そもそもほうとうってどんな料理でしょう?

農林水産省HP「子どもの食育」によると、ほうとうは以下のように紹介されています。

煮込んだめんと野菜がまじりあったおいしさ

山梨県の山間部では米作りがむずかしく、蚕(かいこ)を飼って絹糸をとることで暮らしていました。蚕のえさとなる桑(くわ)を作り、桑の収穫が終わったあとは、麦を栽培しました。収穫した麦をめんにして、季節の野菜といっしょにみそで煮こんで食べたのがほうとうです。戦国時代(せんごくじだい)の武将(ぶしょう)、武田信玄(たけだしんげん)が自分の刀で食材を切ったことから「宝刀(ほうとう)」と名付けられたという説もあります。

食材豆知識

「ほうとう」に使うめんはうどんと違って、めんを打ったあとねかさずにすぐに切って煮こみます。そのため煮くずれしやすく、汁にとろみがつきますが、煮くずれしためんがみそとまじりあった味が、「ほうとう」のおいしさなのです。使う野菜に決まりはありませんが、カボチャを入れて作ることが多いです。

おお、武田信玄調理補助説もあるのですね! 勉強になりました。ちなみに漢字にカッコでルビがふってあるのは、子どもも読めるようにする配慮でしょう。

うどんは寝かせれば寝かせるほどコシが出るといいますが、ほうとうにとってコシは不要なもの。煮くずれするところが魅力なんですからね。

じゃあ作ってみましょうか!

f:id:uralatokyo:20151109175945j:plain

スーパーに行くと、数種類のきしめんの隙間に1種類だけほうとうが売っていました。具はレシピによってさまざまですが、やはりかぼちゃは外せないようです。

今回は大根、ほうれんそう、にんじん、ひらたけ、しいたけ、玉ねぎ(家にあった使いかけ)、写真を撮り忘れた長ねぎと豚肉、そしてかぼちゃを用意しました。基本、家にある野菜はなんでも投入可能です。油揚げがあってもよさそうですね。

1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会