ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山梨のソウルフード、ほうとうでいってみよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

山梨県民のソウルフード、ほうとう。

残念ながら「ほうとうって煮込みうどんだよね」「いや具の多いきしめんでしょ」など、山梨県民以外にはあまり正しく理解されていない郷土料理です。煮込みうどんはあながち間違っていないし、きしめんとめんの形状も似ているので、そう思われても無理ないかもしれません。

そもそもほうとうってどんな料理でしょう?

農林水産省HP「子どもの食育」によると、ほうとうは以下のように紹介されています。

煮込んだめんと野菜がまじりあったおいしさ

山梨県の山間部では米作りがむずかしく、蚕(かいこ)を飼って絹糸をとることで暮らしていました。蚕のえさとなる桑(くわ)を作り、桑の収穫が終わったあとは、麦を栽培しました。収穫した麦をめんにして、季節の野菜といっしょにみそで煮こんで食べたのがほうとうです。戦国時代(せんごくじだい)の武将(ぶしょう)、武田信玄(たけだしんげん)が自分の刀で食材を切ったことから「宝刀(ほうとう)」と名付けられたという説もあります。

食材豆知識

「ほうとう」に使うめんはうどんと違って、めんを打ったあとねかさずにすぐに切って煮こみます。そのため煮くずれしやすく、汁にとろみがつきますが、煮くずれしためんがみそとまじりあった味が、「ほうとう」のおいしさなのです。使う野菜に決まりはありませんが、カボチャを入れて作ることが多いです。

おお、武田信玄調理補助説もあるのですね! 勉強になりました。ちなみに漢字にカッコでルビがふってあるのは、子どもも読めるようにする配慮でしょう。

うどんは寝かせれば寝かせるほどコシが出るといいますが、ほうとうにとってコシは不要なもの。煮くずれするところが魅力なんですからね。

じゃあ作ってみましょうか!

スーパーに行くと、数種類のきしめんの隙間に1種類だけほうとうが売っていました。具はレシピによってさまざまですが、やはりかぼちゃは外せないようです。

今回は大根、ほうれんそう、にんじん、ひらたけ、しいたけ、玉ねぎ(家にあった使いかけ)、写真を撮り忘れた長ねぎと豚肉、そしてかぼちゃを用意しました。基本、家にある野菜はなんでも投入可能です。油揚げがあってもよさそうですね。

ゆでる前のほうとうはこんな感じ。2人前です。なんとスープも入っていました。

このほうとうの作り方を見ると「水が沸騰したらお好みの具材を入れひと煮立ちさせ、めんを入れて約8分煮込み、つゆを加えてさらに2分煮込んでできあがり」とあります。

うわ! 具が多すぎて何が何だか。鎮まれほうれん草!

よかった、落ち着いてきました。

めんも加えて8分煮込み、スープを入れる直前。おお、いい感じです!

ほうとうの完成です! 2人分とは思えないボリューム!

熱すぎて食べられないので、茶碗サイズの丼に入れてみました。

今回は豚肉を入れてみましたが鶏肉のレシピもありますし、野菜のみのレシピもありました。検索すると里芋、じゃがいも、はくさい、厚揚げ、ごぼうなどが入ったほうとうもあるので、具は本当に自由度高いですね。きっと最後に卵を落としてもおいしいと思います。

武骨なめんがいい仕事をしてくれます。喉ごしとは無縁の、つやとか照りとも無縁の、けれど慈愛あふれる素朴な味わい。

ちなみにスープを手作りする場合は、だし+みそ、レシピによってはみりんや塩も少々。だしとみそ……そう、味噌汁です。ほうとうのスープはとろみのある味噌汁なのです。

味噌汁は「うわあ、なんというおいしさだ!」と感激するものでないとしても、毎日飲んでも飽きることはありません。ほうとうもそういう一品だと思います。ベースの味は同じでも、入れる具によって無限のアレンジができます。

ほうとう、もっと人気が出てもいい実力の持ち主だと思います。なんてったってベースが味噌汁ですからね。しかも野菜もたくさんとれるし、冷蔵庫の野菜室も整理できます。

今日は鍋だなと思ったときは、ほうとうを思い出してください。

ほうとうですよ!

最後に、正しいほうとうの姿をご紹介します。お店ならこんな感じのほうとうが食べられます。

写真提供:やまなし観光推進機構


書いた人:

椿あきら

猫の下僕をしているライターです。猫と暮らすようになってから、断然家飲み派になりました

関連記事リンク(外部サイト)

【タベアルキスト】高崎のグルメキーワードは「麺」と「近所に欲しくなる店」! ~名店巡礼 群馬・高崎編~
あらゆるメニューがウマ辛肉味に! 岐阜県・多治見「鉄板焼そば わが家」の台湾ミンチ攻めで、身も心もポッカポカ
山梨の人気温泉、ほったらかし温泉で日の出を拝んでから食べる絶品朝メシ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP