体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「放射能うつす」発言報道の裏側で何があったのか 検証番組全文書き起こし(前編)

緊急特番!鉢呂大臣辞任は記者クラブの「言葉狩り」なのか?

 福島第1原発を視察後、周辺地域を「死の街」と表現したことなどが発端となって経済産業大臣を辞任した鉢呂吉雄氏。テレビなどの報道よると、鉢呂氏は”オフレコ”の場で記者らに対し「放射能をうつしてやるぞ」といった発言をしたとされるが、鉢呂氏本人は辞任会見で「記憶にない」と語っている。ニコニコ生放送では2011年9月13日、特別番組「鉢呂大臣辞任は記者クラブの『言葉狩り』なのか?」を放送し、一連の報道の裏側で何が起きていたのかを検証した。

・[ニコニコ生放送]「鉢呂大臣辞任は記者クラブの『言葉狩り』なのか?」を視聴する – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv63596409?po=news&ref=news#00:03

 以下、番組の内容を全文書き起こすかたちで紹介する。

■「暴言記者」と「記者クラブメディア」2つの問題

ニコニコニュース編集長・亀松太郎(以下、亀松): 皆さん、こんばんは。ニコニコニュース編集長の亀松太郎です。今晩は『緊急特番!鉢呂前大臣辞任は記者クラブの「言葉狩り」なのか?』と題して放送をお送りいたします。先日、不適切な言動をしたということで、鉢呂前経産大臣が辞任に追い込まれました。今回は、その辞任の是非というよりは、その辞任に至るまでのマスコミの報道に焦点を当てて番組をお送りしたいと思います。それによって政治報道の現状と、あるべき姿について考えていきたいと思います。それではさっそくゲストをご紹介します。まずは、私の隣にいる東京新聞論説副主幹の長谷川幸洋さんです。

東京新聞論説副主幹・長谷川幸洋(以下、長谷川): こんばんは、長谷川です。

亀松: 続きまして、元・NHKの記者で、現在はみんなの党の衆議院議員・柿沢未途さん。

みんなの党・柿沢未途衆議院議員(元・NHK記者)(以下、柿沢): こんばんは、よろしくお願いします。

亀松: そしてお隣が、元・上毛新聞の記者で、現在は民主党の衆議院議員・宮崎岳志さんです。

民主党・宮崎岳志松議員(元・上毛新聞記者)(以下、宮崎): 宮崎です、こんばんは。

亀松: 今いろいろ(ニコニコ生放送の画面に)コメントが書き込まれておりますが、ニコニコ生放送ですので、コメントを今モニターで観られるようになっております。こちらも随時観て、反応できれば反応して、反応できなければ反応しないというかたちで進めていきたいと思います。

スタジオ: (笑いが起こる)。

長谷川: 当たり前だ。

亀松: では、今回ユーザーの皆さんからメールというかたちで、ご意見ご質問も募集しております。いま映っている番組ページの下の投稿フォームから送ることができますので、そちらからドシドシお寄せください。いくつかは紹介させていただきます。では、まず今回の鉢呂吉雄さんの辞任なのですが、これは皆さんも、もうご存知だと思いますけれども、いわゆる「死の街」という発言、それから「放射能をうつしてやるぞ」というような主旨の発言があったということで、批判を浴びて辞任に追い込まれたのですが、その辞任の会見が9月10日土曜日の夜に開かれました。こちらニコニコ生放送でも生中継をしたんですけれども、まずその様子を一度振り返ってみたいと思います。2分ほどのVTRになります。皆さん、まずご覧ください。

(以下、辞任会見のVTRが流れる)

鉢呂吉雄元経済産業大臣(以下、鉢呂): 遅い時間にお集まりいただきまして、大変ありがとうございます。本日、野田総理大臣にお会いをし、私経産大臣を辞任いたしたいという申し出をさせていただき、総理のほうから受理をしていただいたところでございます。私の一連の発言で、国民の皆さん、そして取り分け福島県民の皆様に、多大の不信の念を抱かせ、大変心からお詫びを申し上げるところでございました。大変どうもすみませんでした。

1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。