ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中3で球速146kmも 大阪桐蔭の今期の新入部員は逸材揃い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 春1回、夏4回の甲子園制覇を誇り、今春のセンバツ(3月20日開幕)でも優勝候補筆頭と目されているのが大阪桐蔭だ。中田翔(日本ハム)、藤浪晋太郎(阪神)らを輩出し、全国からプロ予備軍が集まる同校だが、4月に入学する新入部員は「例年以上にとんでもない逸材揃いだ」と高校野球ファンの間ですでに話題になっている。

 中でも注目株は岐阜県の飛騨高山に生まれ育った根尾昴(あきら)・投手。177センチと特別に目立つ身長ではないものの、昨年、中学3年生にして球速が146キロに達した。小学生時代にソフトボール投げで89メートルを記録した逸話を持つが、ヤンキースの田中将大・投手の記録は67メートルというから、ポテンシャルは計り知れない。

 また中学ではスキー部に在籍し、昨年2月には全国中学校スキー大会スラロームの部で優勝した多才なアスリートである。中学時代に在籍した飛騨高山ボーイズの井上太・代表が証言する。

「彼は12~3月は野球の練習には参加せず、スキーに時間を費やした。そのおかげで専門家がびっくりするぐらいの筋肉が下半身についている。中学生で140キロ以上のボールが投げられる理由だと思います」

 両親は医師で、飛騨高山でも雪の深い僻地診療所の勤務医。井上氏が母親に聞いた話によれば、医師不足で診察に駆け回る両親に代わり、診察を受けたお年寄りたちに根尾投手は面倒をみてもらったという。中学時代をオール5の成績で過ごし、生徒会長も務めたという。プロ野球選手になる夢をはっきり口にしたのは昨年のことだった。

「プロになるために一番レベルの高い学校でやりたい。その思いから大阪桐蔭進学を決めたようです。部内競争も覚悟の上では」(同前)

 146キロ右腕を預かる大阪桐蔭の西谷浩一監督を直撃するとこんな答えが返ってきた。

「中学時代の実績はあっても入ったら横一線。それに146キロという数字が一人歩きしているのではないでしょうか。足が速く野手としても能力がある子ですが、まだ入学していないんです。“即戦力”みたいにもいわれていますが、そこまでの力はまだないと思っています。他の入学予定者も例年通りです」

 冷静な反応に終始したが、他に昨年の「NOMO JAPAN」(野茂英雄総監督)に根尾投手と一緒に選出され、関西の強豪校が争奪戦を繰り広げた滋賀の大型左腕・横川凱投手も加入する。さらに、すでにMAX140キロを超えた豪腕が複数、野手陣では世界少年野球大会に出場したジャパンチームの主将捕手や主砲クラスが揃って入部予定とされる。

 この夏、桑田真澄や清原和博(いずれもPL学園)、昨年の清宮幸太郎(早稲田実業)のような、1年から大活躍する“怪物”が生まれても不思議ではない。

●取材・構成/柳川悠二(ノンフィクションライター)

※週刊ポスト2016年3月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
TBSの名物番組『プロ野球をクビになった男たち』が書籍化
【プロ野球コーチの役割】投手コーチ編 元捕手がなる例も
ヤンキース田中将大の好敵手たちによる発掘秘話集が登場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP